ミノー造り(ラスト)

いくつか出来てきたところでリップを取り付けて完成

が、このリップ着けが結構大変、一番の緊張どころで真剣にやりましょ(笑)

river-IMG_0263.jpg


まず角度

起てていくか寝かしていくか

ミノーがフローティングなのかシンキングなのかによって引きたいレンジに合った角度が微妙に違います

フローティングでは、リップの角度と長さで潜る深さが大きく変わります

深く潜らせたければ長いリップのほうが有利になり、浅めであればショートリップでも十分です

シンキングでは、ルアー自体の重さである程度沈んでくれる(ウェートによって沈む速さは変わります)ので、巻き始めてからのレンジと求める動きによって変わるでしょう

極端な例ではラパラのCDシリーズのようにほぼ垂直に近い角度で立っていても沈めてブリブリ動くということです



そして形状

丸型、四角、台形などなどいろいろな形が市販ミノーにあり、それぞれにオリジナリティーがありますね

どれが良いのかは、全体のバランスなども影響しているので一概ではないのですが、横幅がミノーのアクションに大きく影響すということ

幅の狭いリップは小刻みな泳ぎには良いのですが、大きく動くミノーにはそれなりの横幅がほしいところ

おまけに素材がありまして、薄くてよければサーキットボード、厚みがほしければポリカorアクリルボードですかね

加工性はいずれも同じようなもので、薄いものは鋏で切り出してからの整形で、厚いものであれば切り出しに苦労するものの整形自体は変わりません


それと位置

フロントのアイに対して近づけるか、それとも離すか・・・

この部分については、まだ完全に検証ができてはいないものの、現状は市販の釣れツレミノーを参考に何となくになっているのは否めません

アイに近いほどよく動き、離れるほど動きが小さくなるというのは理解しているのですが・・・

止水で使うのであれば、オフセットリップでクランク的に泳がせるのもありでしょうが、流水域ではそれがなかなか難しく、岩にヒットしてリップ折れが起きかねませんね




ということで出来上がったミノーを持ってスイムテスト

river-IMG_0262.jpg

いつもの里川が河川工事の泥にごりに代掻きに伴う減水と泥混じりに戻り水で断念し、上流部へ


river-IMG_0268.jpg

日向ではノーチェイスだったのでシャドーに期待をしたら、ヤマメはついていましたね


river-IMG_0269.jpg

シングルのバーブレスだったからか、ヒット後にグルグル回ってばらしたのが2匹

river-IMG_0265.jpg

サイズはともかくとして、2匹キャッチして満足して終了


しかーし、現場投入してのテストで全く泳がなかった時のショックといったら…



このボディーで少量でも作っておいてこの夏は間に合わせようかとも思うけど、塗装の前にガチで泳がせないとだめだね


関連記事
[ 2015/04/29 17:00 ] ハンドメイド オリジナルルアー | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する