アルファスの投げ比べのまえに

今回の比較はこの3台



コスギワークスDA27搭載のイエローアルファス

メガバスZONDA68+メガフィネススプール

KTFアルファスフィネス



スプール単体で比較すると、ゾンダのシャフトを受ける柱の構造とコスギ、KTFは違いますね

と同時に三者三様というのか、スプール面の形状がKTFのみ緩いV字型です



ローターの高さですが、ゾンダが5mm弱のところ、コスギ、KTFは6mmです

この違いは…


上がゾンダ、下がノーマル

一つはこのマグユニットがパワーマグかノーマルかの違いです

ゾンダはパワーマグ仕様なので、ローターの高さが低くても同等以上のブレーキが得られます

逆にいうとノーマルマグではローターの面積を増やす必要があるといえます


テスト用にほぼ同程度の長さのPEを巻きました

KTFフィネススプール


ゾンダフィネススプール


コスギDA27スプール


ゾンダ>KTF>コスギという並びの重量となりましたね


そうそう、先日のモノブロックでも引っ掛かったこのパーツ

当然といえばその通りですが、ノーマルとKTFではピニオンの形状違いもあり太さが違いました


それではテストするルアーとロッド(FLDCー62L)は統一しましょう


さて、どうでしょう?

関連記事
[ 2015/03/28 17:00 ] ベイトリール Daiwa | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する