アルファスのスワッピング

ということで、内部のメンテナンスが完了したところで、外見もお引っ越ししてパープルバージョンにいたします


まずはハンドルから
alfaFS−DSC_0021

フィネスカスタムに着けてあったハンドル、スタードラグを外しますが、スタードラグがPX68用になってました(笑)
重さにして30.5gですね

alfaFS−DSC_0022

ブラックアルファスについていたハンドルとスタードラグが27gなので少し軽量化がはかれますが、ここはスタードラグがカーボンになったからですね

いずれオフセットのカーボンハンドルにしちゃいましょう(笑)
アブのオフセットが14gくらいだったような記憶があります


重要部品のスプールです
alfaFS−DSC_0025

フィネスカスタムの自作ブランキングの成果は、13.4gですね

ネット検索では、ノーマル重量が13.8gとあったので、あまりブランキングの効果は出てませんね(^^;;

このスプール、改めて確認すると、ローター固定になってました

個人的な意見ですが、常に一定の磁力が働いているので、軽いルアーをキャストする前提ではトラブルが少なくできるというのは、既にISスプール、ゾンダスプールで確認済みです



alfaFS−DSC_0033

それとこのスプールBBのハウジングは戴けない(笑)

いかにも重そうだし、スプールそのものの肉が厚すぎです


alfaFS−DSC_0026

入れ替えるコスギワークスのスプールはライン混み(PE)で8.7gなので、5g程度は軽量化です


パーミングカップです

alfaFS−DSC_0027

フィネスカスタムは赤いネジを使っているのでこれはパープルにしますが、重さにして23.2g

alfaFS−DSC_0028

ブラックアルファスはタイプFのものを使っているのですが、少し重い23.7g

何が違うのでしょう?

もしかしてカラーパーツの重さかな????

alfaFS−DSC_0029

裏側を比較すると、素材のカラーが黒と白です

思えば103L-Aiでは2回ほどブレーキダイヤルのマウントが破壊されましたが、その辺りの対策品になっているのでしょうか・・・



alfaFS−DSC_0024

順番にカラーパーツを交換してきましたが、マイブームはブルー系なんですよね(笑)


そういえば、このフィネスカスタムはついにカタログ落ちしてしまったようですね

思えば息の長いリールですね


ちなみにKTFアルファスの重さが175g、画像で見る限りではハンドルなどはカーボンになっていないところから、内部パーツとスプールだけでここまで落ちるのだろか…と思ってこのフィネスカスタムを測ってみたら168gと読みました

意外な数値にびっくりですが、持った感じはも少し重いんだよな~

alfaFS−DSC_0034

とりあえずOH、パーツ交換が出来ましたので今度はテストです(笑)



何時やるか・・・天気次第ですね

関連記事
[ 2015/02/14 17:00 ] ベイトリール Daiwa | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する