2015国際フィッシングショー後の雑感

さて無事に2日半のショーがおわりましたね


個人的には応援しているAvailさんが頑張っていたな~というところが印象的でした

だってアフターパーツメーカーが少なかったでしょ

ZPIは関西が地元なのは分かるけどなかったし、DressとSLPくらいだったかな~

アベイルさん、ヘッジホッグさん、タブリエさんのところはそういう意味では、なかなかでした

必ずしも皆が最新型のリールを使っているわけではないですからね、ちょい前のリールでもパーツの選択によってはまだまだ行けるってところが良いです

いまやほぼ見かけないAMB3500cのスプールですよ(笑)
yokohama−IMG_9452

これで眠っているタックルが復活です



また、先にも書きましたが、トラウト系がイマイチ盛り上がってなかったような気がしてなりません

トラウトパビリオンと物販コーナーに一部出展されてはいましたが、普段ショップで探すようなメーカーがなかったことがある意味残念です

一コマの出展料が如何ほどなのかは分かりませんが、未来の優良アングラー育成のためにもぜひ出てきてもらいたいものです



最後に、トラウトベイトスタイル、渓流ベイト、ベイトフィネストラウト・・・呼び方は様々で統一感がイマイチですが、ベイトタックルを使って鱒属を狙うスタイルが一歩前進したのは実感しますね

魚とコンタクトするルアー(ミノー、スプーンなど)は、特に区別は無いと思いますがロッドについては相当選択枝が増えました

先行する天龍、アンリパ、メジャーに対しリニューアルしてきたダイワ、シマノの大手メーカーさん

使い勝手は今後評価が出てくるとは思いますが、手ごろな価格で自作せず(まあ普通の人はやりませんがね)に間に合う時代となりました

管釣りから始まって、渓流、本流、湖とシチュエーションは様々、沢山のロッドに触ってベストバイを探したくなりますね
fc2_2015-01-30_14-22-40-158.jpg

まあ、リールに関してはそのままトラウトに行けそうなニューなやつはBFS-XGリミテッドくらいですが、去年のSSーAir、LTZも健在です

私的には使いやすくするためにパーツの交換をしてしまいますが、これらは吊るしで使える可能性が十分です

近頃はまりつつある五十鈴系リールも可能性十分ですが、お値段的にはSS-AIRを超える設定ですからね

もし手を出すのであればアベイルブースに展示されていた420sss-Tを購入することをお勧めします

もちろん普通の420・520でも良いのですが(カラーなどを選ぶならばコチラになりますが)、アフターでパーツを入れなくてはなりませんからね


これから始めようとするには、良い時代になったものだと・・・(笑)
関連記事
[ 2015/02/03 17:00 ] タックル考察 | TB(-) | CM(4)

Re: 素晴らしい事です。

uniさん、こんばんは

渓流から本流!良いですね~(笑)

本流域は特にベイトのパワーが活きる所だと思います

交渉がうまくいくと良いですね
[ 2015/02/03 20:31 ] [ 編集 ]

Re: 釣り全般な

パニさん、こんばんは

そうですよね~(笑)

アフターメーカーありきでも良いと思うのですが、格別にD社は厳しいようです

メガバスとまでは言いませんが、コラボモデルとして作って成功事例ができれば良いのでしょうね
[ 2015/02/03 20:28 ] [ 編集 ]

釣り全般な

イベントなので、渓流→ベイトとなるとさらに集約されてしまい立ち寄るブースが限られてしまいますね。


大手メーカーさんもすそ野を広げる意味ですべて自社でまかなうとなると、数多くの商品提供となってしまうので、ある程度サードパーティー的なところとコラボってくるのも、今後はアリではないですかね。


車関係だと、モーターショーより最近ではオートサロンの方が人気だとか?

しかも、メーカー側からも改造車を出展するご時世ですしね。

昔なら、違法改造と呼ばれたパーツメーカーのデモ車が、今ではモデリスタ等の名称でディーラーで取り扱われる時代なのですから、大手メーカーも乗っかってほしいところです。
[ 2015/02/03 20:05 ] [ 編集 ]

素晴らしい事です。

本当に素晴らしい事になってきましたね♪
メカ音痴のボクではありますが、
渓流ベイトから本流ベイトを進めたいと思ってます。その為に、自腹で大阪入りしてロッドの話しを進めてきます。
[ 2015/02/03 19:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する