湖のシュミレーションテストを…

解禁になると、最初のメインフィールドは湖から入る計画なんですが、まずはそれに向けてのシュミレーションです

湖のスケール、ターゲットやサイズなどによって微妙にタックルは変わりますが、東古屋が3月、中禅寺が4月、湯ノ湖が5月と順に始まります


ということで、向かった先は尚仁沢アウトドアフィールド



ここのところ月一で同行してもらっているkaopat14さんと一緒です

kaopat14さんはちょー気難しい野反湖で着実に成果を出している、ある意味で湖のエキスパートです



到着後、ご挨拶にいったらちょうど50オーバーのロックをランディング



さすがです(≧∇≦)



今回は、シュミレーション目的なので、普通に管釣り仕様では意味がないので、まずは東古屋用のロッドとリールのセッティングをしていきましょう

まずロッドは、長い方がネクスティーノ76、ショートの方がBFロッドのヴォルキーです

いずれも1/8oz辺りからが美味しいところでしょうか

合わせるリールは、メタマグDC(フィネス)とスティーズ+SV、T3HL+IS、レボ3SX+アベイルといったところ

ラインは08PEと4lbフロロで50m位が勝負ラインでしょう


使うルアーは、スプーン4g~とデカ目のアクション系ミノーとただ巻き系ミノー、合間にチャンスがあればトップです


まずは遠投用のタックルからテストしましょう

ネクスティーのにメタDCフィネスからテスト



フロロ4lbでテストしましたが、まずますの飛び具合

前回群馬でDCのままで苦戦したのが嘘のように扱いやすくなりましたが、これでは普通のメタマグにアベイルスプール仕様と同じですね(笑)

キャスト中に少しマグが弱いかなぁと思いましたが、寒くて面倒なので調整はやらずT3に交換です

フロロでいくなら5~6lbのほうが良かったかな

やはりDCを使うのは1/4ozオーバーのルアーをメインで使う時ですかね~



次はネクティーノにT3ーHL+ISスプールです



うっかりラインをチェックしわすれ、巻いてあったのはナイロン3.5lb

タイミングがメタマグとはちょっと違いますが、キャストが決まった時の放出感は相変わらず良いです

あまり重いルアーを結ぶとナイロンラインはキャスト切れの恐れが有るんだよな~なんて思いながらHMKLシャッドを投げてたら・・・デカピンがヒット!

上手くアワセが効いたのですが、ドラグをガチで締めてあったのでラインが出ず・・・あわててクラッチを切ろうとしたらラインブレイクでした



その後ミノーでジャガーをキャッチできました



このT3はメンテしないで持ち出したので、途中からベアリングのオイル切れの症状が出てしまいました

やはり使用前にチェックをしておかないとダメですね(笑)



合間にヴォルキーにレボ3SX+アベイルでスプーンを巻きます



こちはPE06ですが、オールラウンドに何でもありならこのセットです

キャストの安定感はピカイチ、軽目スプーンからミノーまで、何でもキャスト出来ます



岸際のヤルキのある魚が何度となくバイトするのですが、やっと乗りました(笑)



スティーズもヴォルキーでスプーンを巻きました



SVスプールは個人的にはギリの深さですが、湖使用の標準スプールサイズとしてはちょうどいいですね

ハーフラインで仕立てれば、スプールの重量増も気になりません



結論として、飛距離を求めていくならばT3が今のところベストです

少し幅広なボディーは慣れが居るかもしれませんが、キャスト中にレベルワインダーに掛かる抵抗が相当軽減されるので、ラインの放出感は他にはないです

この感覚はTwing搭載のダイワのリールでは味わえますが、本体重量の軽さで行くとこのシルバーT3となってしまいます
(T3Airも有りますが、スプールが小径なので遠投用のリールとは違いますね)



それとアタリの出方はいろいろなので、必ずしもヴォルキーのようなBFロッドでダメなことはなく、ヤル気のある魚であればちゃんと手元まで来るし、ゴン!と乗ります




いや~それにしても寒かった~(^^;;

kaopat14さん、お付き合いありがとうございました(笑)
関連記事
[ 2015/02/01 17:00 ] 管理釣り場・アーカイブ | TB(-) | CM(4)

Re: タックルチェック

パニさん、こんにちは

狭い釣り場で、お客が満載のところでは出来ないので、そんな意味ではこの釣り場をチョイスしたのはOKでした

魚の方は積雪、雪解けでかなり厳しかったのですが、修行にならずに済みました

管釣りモードではなく、そろそろネイティブに向けてシフトチェンジをしていかないといけませんね(笑)
[ 2015/02/02 10:18 ] [ 編集 ]

Re: kaopatさん、どうもです

いや〜ココに来て雪に恵まれまして、なかなか寒かったですね〜

今回はサクッと写真が撮れて一安心しました(笑)

状況はまさに前回の赤城と同じ、シチュエーションも同じとなってしまいましたね

フライではコンスタントにアタリが有るようでしたが、どうも中心へ向けての遠投よりも足元をネチネチと攻めるのが結果よかったとなりました

おかげさまでタックルテストの方は上手い事行きましたので、あと2〜3台のリールをチェックすればOKですね

2月はどこへ・・・楽しみにしております
[ 2015/02/02 10:15 ] [ 編集 ]

タックルチェック

2月の声を聞きそんなに時期になってきましたね。


やはり実釣してみないとわからないところがあるので、たとえ管釣りであってもそこは有り難い存在となりますね。



グンマーの釣り人は、遠路やってくるバイタリティには脱帽です。
[ 2015/02/01 23:22 ] [ 編集 ]

どうも~去年の11月から月1の愛人契約で同行しているkaopat14です

前回と全く似たような感じでしたね
まあ今後あんな状況の時は岸際狙いになるのでしょうか

自分の時とジャガーの時もどっちかが釣っている所に寄って行ったらお互い釣り上げましたね(笑)

タックルテスト的に一つ大事な発見ができた事があったので良かったです
↑これ一番重要(笑)
[ 2015/02/01 20:59 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する