フィッシングショーその2

さて、前日のアップできなかった部分をご紹介

といいつつも、写真ばかりになってしまいますがね・・・(笑)


それではDAIWAから



アルファスSV、新開発の33Φスプールと7ギア搭載で一段と熟成が進みましたとのことです



何気にこのスプールだけでも欲しかったりもするのですが、本体販売されてからの動き次第のようです

ダイワの方向性としては、関西系ぶっ飛びリール(ジリオン、TATURA系)と、関東系フィネス系(PX、アルファス、SS、スティーズ系)といった感じでしょうか

もちトラウトならばフィネス系ですが、個人的なイチオシはコスパをみるとアルファスSVですかね


ロッドは、前にも紹介しましたがこんな感じです


安い方のシルバークリーク(リールシートがいまいち)



そして高い方のシルバークリーク(リールシートはgooですが、グリップが短すぎ?)です


シマノです


15アルデバランはかなーりの違和感ですが、このデザインは見慣れてくるまではちょっと時間が必要ですね



その点では、リミテッドはなかなか良いですよ



ボコボコのブランキングとスプールベアリングを廃止した効果は軽量化に大きく貢献してます


それとパーミング側のベアリングが小径化してより高回転をねらってます

ちなみに販売開始後は、このスプール単体でパーツ取り販売ができそうで、従来型XGにも搭載可能だそうです(お値段的には諭吉+アルファだそうです)



おまけでシマノ、カーディフベイトの新作



お値段も悪くないですね

ロッドのレングスから渓流用のカテゴリーに入りますが、以前のカーディフベイト50よりしっかりした印象です



ラストは、アベイル産の紹介です

yokohama−IMG_9449
14コンク101です

yokohama−IMG_9450
クロナークC4です

yokohama−IMG_9451
五十鈴BC420ペスカトーレ・・・これは正直直ぐにも欲しいです

yokohama−IMG_9452
ダークホースのAMB3500cです
2500cのパーミングモデルですが、これはある意味リールの有効活用につながりますね

yokohama−IMG_9453
モラムZX1600マグのスプールもいよいよ登場か?

yokohama−IMG_9461
ソルト用のブレニアスもベースはアルデXG、これのナロー版として出来てきましたね



今回のショーでは大体こんなところでしょうか

普段はトラウトしかやらないので、今回のようなショーになると釣りの幅が広く見られて面白いですね

海釣りもいろいろ有るし、いまだバスの人口があるんだな~と実感させられます
(バスについては、釣具メーカーとしては稼ぎ頭なんでしょうかね?)

思いのほかトラウト関連のブース(特にネイティブ系)が弱かったような気がしました


そうそう唯一もらってきたカタログは…

フジのものだけです(笑)
関連記事
[ 2015/01/31 17:00 ] タックル考察 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する