08メタDCと07メタマグ

さて入魂も済んだ事だし、いよいよ次のステップにいきましょう


比較の為に釣り仲間のKTOさんよりお借りした07メタマグの登場です

MetaDC-IMG_9321.jpg


基本的に機械的な部分は同じとみて、ブレーキ部分の確認をいたしましょう


まずはサイドハッチを開きますと見えてくるのがI-DC4とSVSユニットです

MetaDC-IMG_9322.jpg


構造的にはブレーキユニットのねじ込みは同じですね


では外してみます

MetaDC-IMG_9323.jpg


スプールの外径などは同一なので、マグネットをつけるか(これが重い)遠心ユニットを着けるかの違いでしょう
MetaDC-IMG_9326.jpg

シャフトの太さも同じようです


そこで試してみたかった事を・・・

MetaDC-IMG_9327.jpg

07メタマグのスプールをインサート・・・出来て当然か(笑)

MetaDC-IMG_9328.jpg

さらにSVSユニットをねじ込み、装着完了です

普通に回ってますが、DCスイッチの干渉は気になります




反対に07メタマグのボディーにDC装着テストをすると・・・

MetaDC-IMG_9329.jpg

スプールは入りますが、DC基盤は入りません

SVSユニットをねじ込むマウントを交換すれば使用可能にはなりますが、一緒にパーミングカップも交換する必要が出てきそうですね


MetaDC-IMG_9330.jpg

遠心ユニットとDCユニット

これだけの違いといってしまえばそれまでですが・・・

MetaDC-IMG_9331.jpg


考え方としては、軽量ルアー(U3g)を扱うならば普通に(ではないか?)アベイルスプールにマグユニットをセレクトし、ヘビールアーになったらDCに戻すという事が出来そうです



さてどこまでやるか...(笑)
関連記事
[ 2015/01/14 17:00 ] ベイトリール Shimano | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する