08メタDCでの実釣テスト

一旦テストではPEラインでキャストしてみましたが、いよいよ実釣テストです

勝負ラインを4lbフロロで50mに巻き替えました

test-DSC_0024.jpg

ロッドはゴーエモンBFSを使い、普段の管釣り仕様の釣りをやりつつ様子を見ましょう

ちなみに釣り場は、某赤城南面の池です(笑)

test-DSC_0022.jpg

一人では心もとないので、地元のkaopatさんと友釣りとなりました

今気が付いたけど、写真が・・・ない($・・)/~~~


とりあえずメタDCだけでは心許ないので、予備のセットをREV3SXとハートランドで用意しました

test-DSC_0023.jpg

それではガチでいってみましょ(^^)



まずは様子見のミノーでブラストイット66をキャストしてみました

Mモード、Lモードではまあまあかな~
ちょっと物足りないですが、釣れる距離までは出ています

test-DSC_0026.jpg


ならばスプーンと思い、3gを付けましたが・・・これらを垂らしゼロでキャストすると結構ムズイ

test-DSC_0025.jpg

反対に垂らしを長くして遠心力をつかってロッドを曲げればまあまあ飛びます

普通に投げるとルアーが突っ込み気味になります

それとキャスコンの調整は結構気にしていましたが、ちょっと油断するとやはりこうなります

test-DSC_0030.jpg

おまけに4lbではラインを時々噛んでしまうんですよね。。。

まあ単純にロッドの選択ミスでしたね

ハートランドでキャストすればもう少し扱いやすかったかもしれません


ということで、ハートランドにRev3SXの組合せでキャストすると、全く不自由なく同等以上の飛距離が出てます(笑)

test-DSC_0031.jpg


同じスプーンやミノーでもキャストの楽なのはやっぱり普通に?(かなりカスタムしてますが)遠心やマグブレーキのほうが向いているということでしょう

test-DSC_0032.jpg



DCがついているとはいえ、スプールの重さもあり初期のレスポンスが悪いので、硬めのロッドを使うにはそれなりのルアーウェートが必要です

また軽いのをキャストするならば、柔らかくルアーウェートを乗せやすいロッドをセレクトすべきでした

とりあえず、入魂もできたので次回以降ルアーに合わせて使っていくこととしましょう



ちなみに今回の釣りでは沖ではほとんどアタリがなく、岸際数メートルのところでのバイトばかりでした(笑)

なんですかねぇ~、かなり難しい印象が残りました

40クラスのサクラマスが目の前ウロウロなのに、ほとんど反応しませんでした

kaopatさん、今度は栃木のデカピン池に行きましょう~(//∇//)
関連記事
[ 2015/01/13 17:00 ] ベイトリール Shimano | TB(-) | CM(2)

Re: kaopatさん、お世話になりました

いや~必死にやってたもので余裕がなかった?かもです~(笑)

久しぶりにマッドな池だったので魚の居場所を探しているうちに終わってしまったような…(^^;)))

動画!見ましたよ~(笑)

ベストアングルでいい感じに撮れてますね

ロッドがまたよく曲がっていてステキ

狙っているポイントがまさに足元というところがね…

次回も期待してますよ~(笑)
[ 2015/01/13 21:02 ] [ 編集 ]

写真が無いのはもう空気みたいな存在と言いますか・・・老夫婦かっ(笑)

ここは確か2008~9年にも一度濁ってなかなか取れずその後良くなり又近年濁りだしたような記憶があります。

バス釣りの野池だってこの時期もっと見えますよ(笑)
まあ正月で叩かれ、三連休で叩かれ何処行ってもあんな感じでしょうね。

次回は池のヌシを釣りますよ~

自分のだけですが動画3つアップしました
ozechiさんのは遠すぎてダメでした。
[ 2015/01/13 20:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する