ハンドメ マグプレート

休み中に近所のホームセンターで仕入れてきたのは、0.1ミリの真鍮の板



これを加工してZXーum用のマグプレートを作ります



型紙を作り、真鍮板を切り出します



外径33、内径16ですが、かなりペラペラなので、おおよそのところをハサミでカットしました



スプールとマグユニットの両方で干渉がないか確認します

特にユニット側はベアリング抑えやスプリング等があるので注意です



内側をキレイに整形して、瞬間接着剤で止めて完了です


理屈としては、NS交互に並んだ磁石の前を金属プレートが非接触のまま回ることで、電磁誘導が起きるんですが、これが起きるとブレーキがかかるというものです
このあたりは結構難しいのでwikiでも使って探りをいれてください

そのブレーキの強さは、マグネットの強さとプレートの面積や距離感、それと回転速度によって変わります

このプレートを追加する事で、ノーマルではちょっと物足りなかった磁力の働く面積をアップさせたので、ブレーキが強化されている・・・はずなんですが(笑)
関連記事
[ 2015/01/08 17:00 ] ハンドメイド | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する