リールメンテ・・・アルファスとスコマグ

初釣りで使ったリールがこちらでした

sekine-IMG_9244.jpg

アルファス58+コスギspとスコマグ+Availの2台


使っていた時に気になったところをちょっと修正です


まずはアルファスから

mente-DSC_0012.jpg

このリールに関してはキャスティングは問題なしでしたが、ドラグの調整具合がイマイチ

ノーマルのままだとガチとユルの中間が曖昧で、巻いているうちにセッティングがズレているような・・・

なのでこれを入れてやろうと用意したのが

mente-DSC_0013.jpg

ZPIのメタマグ用スタードラグとアベイルのドラグキット(レフト用)
※レフト用というのは、四角のナットが左右で別になるので注意です

これを着ければドラグ操作時にクリック音がでて、多少ズレにくくなります

が、順番に組立てていきハンドルを着けた時に問題発生

Daiwaの純正クランクハンドルにドラグの爪が接触してしまいます

と同時にシャフトが短いためしっくりと収まりません


泣く泣く音の出ないアルファス用のカーボンのスタードラグに交換となりました

mente-DSC_0014.jpg

これには操作時のクリック音が出ないので、ワッシャーを調整して中間の締め具合をはっきりとさせました




そしてもう一台のスコマグはちょっと深刻、というのはハンドル逆転現象がでていました

mente-DSC_0019.jpg


これがヒット時にでるとバックラするので怖いのです

この現象のおもな原因としては、内部へオイルが回ってしまうというもの

なので、内部のオイルを除去してやります

mente-DSC_0018.jpg

ワンウェイクラッチを取り出して、パーツクリーナーで入浴させて脱脂して、良く乾かしてから組戻しました

このやり方は面倒くさがりなのでこうしましたが、手間を惜しまない方はローラー部にパーツクリーナーを吹き付け、その後エアダスターなどでオイルを吹き飛ばすのを繰り返すきっちりとした作業をした方が良いでしょう

この場合、内部の円柱状のパーツを吹き飛ばさないように注意してください


組戻して回した感じでは、何となく復活してくれたような・・・(笑)

もう一度使ってダメならパーツを取り寄せましょう




久しぶりに使ったスコマグですが、ある意味これでも十分釣りになるというのが面白いところ

最新のリールではなくても、アベイルスプールが入るとキャストそのものは普通にこなしてしまいます



ということで2台メンテ完了です

mente-DSC_0011.jpg


とりあえず寒い時期はこの辺りのリールでいこうかな~(笑)
関連記事
[ 2015/01/07 17:00 ] マイタックル ルアータックル | TB(-) | CM(4)

Re: やはり

r-bさん、おはようございます。

すっきり納める為にはハンドルシャフトを交換するのが望ましいですね

オリジナルのままでも止められない事は無いのですが、ドラグの調整幅が狭くなる恐れが有ります

それと純正のままでは、指で弾いただけでスタードラグが回転してしまうのでここはクリック化が望まれますね

そこそこのDaiwaリールでもついているのでね〜、アルファス、ピクシーは設計が古いという事でしょうか(笑)
[ 2015/01/08 09:11 ] [ 編集 ]

やはり

おはようございます。

そろそろアルファス、ピクシー系のスタードラグクリック化やろうかと思っていますが、やはりシャフトは長いやつに交換しないと駄目ですかね?
アベイルさんのスタードラグとナット類は用意してあるので、とりあえずやってみようかな。

やはりデリケートなドラグ調整をするにはクリック化しないと難しいですよね。
なんか緩んできている感じもするし...
[ 2015/01/08 08:22 ] [ 編集 ]

Re: kaopatさん、こんばんは

そう、あのアルファスです

未だにベアリングに乗るフィーリングは健在ですよ(笑)

あの爽快感は格別ですね

一応目指すところはあの辺なんですが、微妙なところで決まらないものですね(^^;;
[ 2015/01/07 22:27 ] [ 編集 ]

アルファスを投げたのは去年のフィッシングショーの時だったっけか、ベアリングが良い意味で唸ってルアーがすっ飛んでいったなぁ

あのベアリングにノル感覚は今迄釣りやってきて二回目でした。

私のポンコツリールはそういうのはあまり求めてない(求められてない?苦笑)
ので無縁ですが(笑)
[ 2015/01/07 21:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する