バンブーにガイドを着けて・・・

先週中ですが、用途もはっきりしないままとりあえず使ってみようかとガイドを並べます

で、一応のセッティングの後、こんな感じになりました

test−IMG_9138

ワン&ハーフでチャンピオンハンドル込みで5.7フィート位

test−IMG_9139

ワインディングスレッドはレッド

test−IMG_9140

バットフェルールの内径8.5mmで繋いであります


それじゃーちょっと試してみようということで

test−IMG_9141

チャンピオンハンドルにアンバサダーをのせまして、何時もの管釣りでテストします

キャストする時に、何時もよりも早めにロッドをとめてやるとティップがグーンと曲がり、そのままルアーを運んでくれます

感度は・・・正直辛いところで、サイトであれば上手く乗せられましたが、感度を頼りにすると難しく、向こうアワセではなんとかといったところ

test−IMG_9142

ヒット後は、ティップが曲がるというよりはベリーからバットにかけて曲がる感じ

一旦ヒットしてしまえば、なかなかバレにくいです

test−IMG_9143

バンブーの良いところは、ロッドのしなりでキャストできるところ

軽いルアーでもカタパルトのように飛ばしてくれるはず…(笑)

なので大切なのは振りだしたら前方でロッドを止めてやらないといけません

それとキャストするときは、できるだけティップを曲げてやるイメージが必要ですね


今回のテストでは、クランクとトップ、スプーンでキャッチできましたが、面白いのはトップウォーター!

トップのウォーキングアクションがいい感じです

ミノーはロッドを止めるタイミングが難しいです(笑)

冬場は出番が無さそうですが、春からは管釣りトップで使うかな~
関連記事
[ 2014/12/26 17:00 ] ハンドメイド ベイトロッド | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する