管釣りベイトロッドは…

なかなか奥が深いです

その時、どのルアーでどう釣りたいか…

それによってタックルのセットが変わります

とわいえ、これは魚の都合ではなく釣り人の都合、やりたい釣りができなくてタックルを入れ換えることもしばしばあります

fc2blog_20141113203012fec.jpg

トップウォーターでポッパーをポコポコ・・・トラウトは口が小さいから難しそうでも、これがなかなか面白くてね

80mmのミノーでヒラウチしてポーズ・・・コーホー系が入っていると結構釣れたりもするんです

バス用のシャッドを潜らせてノックノック・・・足元の見えるところで誘い出すのが面白いんです

4gオーバーのスプーンで沖を巻きまき・・・すれてない魚が居れば何とかなりそうな気もするんですがね

bc5240-IMG_8849.jpg


昨シーズンの管釣りでは、スーパーサラマンダー改とかルシファー改辺りをメインに、その他手持ちのロッドで遊んでました

これらのロッドは、もともとのベースがスピニングなので、どうしても柔らかくて不満が残るもの

が、スプーンの2g辺りでもそこそこ釣れる距離までルアーを運んでくれ、常用で1.5gからといったところなのは評価できます



で、今シーズン用にバス用のゴーエモンとヴォルキーのベイトフィネスを導入

これがやはりといいますか、硬い…のですが、嫌いな硬さではないのです

なにが変わったのか…考えてみれば、今年のメインは東古屋のようなフィールドで使うルアーを中心に組立てているんだなぁ~(笑)

だからスプーンもほぼ3g以上、ミノー系、トップ系のハードルアーも1/8oz以上がほとんど

めちゃくちゃは釣れませんが、そこそこ反応があったりすると、つい狙ってしまう悪癖(((^_^;)

なのでこの手のロッドでもいけてしまいます

バイトは弾き気味にはなるものの、やる気のある魚はガッツリきますし、トップ系はバイトさせてサイトでとっていくので、硬さはラインブレイクしなければOKです


まあここにきて大分冷えてきたので、トップ系が厳しくなってきたこともあり、改造したのがハートランドということなんですがね

これが昨年までのブランクの5割増し位の使いやすさに感じるんです


アンダー1gのルアーを使うわけでないので、適正な重さのルアーが気持ちよ~く飛んでくれればある意味満足してしまう(投げられないわけではないけどベイトの良さを消してしまうかと)

と同時にリールの方もいろいろ考えてみたり

管釣りであれこれそれとワンタックルで間に合わせるとなったとき、ここ最近のお気に入りは5.8~6.8ギアまでのリール

fc2blog_201412041957230fc.jpg

クランクやシャッドなどをゆっくりと巻くのはローギアを使えば間違いなしです

ボトムで巻き合わせを多用するとなれば7ギア以上もアリですが、それ用のタックルセットにしないと、スプーンなどを同じセットで巻くとどの棚をひいているのか分からなくなってしまいます(笑)


ストリームではあまり迷う事は無いのですが・・・


そんな今年の管釣りシーズン真っ只中です
関連記事
[ 2014/12/13 17:00 ] マイタックル ルアータックル | TB(-) | CM(2)

Re: kaopatさん、どうもです

まさにフィールドにむけてのイメトレです

微妙なセッティングの違いとかロッドを替えたことでアクションの変化をおさえたいのです

ストリームに限ればキャスト精度なんですけどね
[ 2014/12/14 05:29 ] [ 編集 ]

只、ボーっと釣るのではなく勘違いでもいいので(笑)その後のフィールドっ釣りに繋がるヒントが見つかればそれだけで儲けものですね。
[ 2014/12/14 01:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する