続きましてガイドを交換

ハンドルを交換しただけでもその気になるのに、今度はガイドに着手します

マタギさんのクリスマスセールでキャッチしたKTガイドです



3.5~4.0~4.5~6.0~8.0になるようにテーパーをデザインしていきます

純正のガイドでは、ティップ側でラインを弛ませると結構な確率でガイドにラインが絡むんですよね(^^;;

これが合わせてすっぽ抜けした時だともう最悪、慌てて解こうとしてもなかなか上手くいかず、ロッドを回す羽目になります



それではガイドを外しましょう

ガイドのフット部分のスレッドを丁寧に外していきましょう


チューブラーではなく、ソリッドなので多少マシですが、うっかり深い傷を付けると…


スレッド跡は、割り箸を使ってキレイに整地します


こちらは外したガイドですが、やはり時代を感じますね~



いよいよガイドセッティングです

仮付けしてみてベンディングにストレスを感じない様に撃っていきます


概ね位置が決まったらワインディングです


クルクルと巻きあげていきますが、今回は青ラメのスレッドを選びました


ラストはエポキシでヒトノセして完了です



ストレスなく曲がり、キャストしやすい管釣りスペシャルロッドの完成です

プラスしてラインの絡みが減ればストレスもなくなるというものです(^^)



ブランクありきのソリッドロッドがオールアングルにつながることで、オフセットを活かして丸型リールにアジャストします

クラッチを替えるまではZXはダメなので、五十鈴系かモノブロック、アンバサダーかな

このあとのテストがまた楽しみになりました(笑)
関連記事
[ 2014/12/12 17:00 ] ハンドメイド ベイトロッド | TB(-) | CM(2)

Re: ガイド交換

パニさん、こんばんは

今時のガイドは相当軽くなっていますね
新企画のトルザにするともっと軽くなるようですが、パーツ代がかさみそうです
ソリッドのダルさをなくして感度アップを狙いましたが、果たしてどうでしょう~(笑)
[ 2014/12/12 19:51 ] [ 編集 ]

ガイド交換

軽量化もあり、ロッドの性格が変わったのではないかと思います。

ん~、実釣がたのしみですね。
[ 2014/12/12 19:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する