ゴーエモンのバットエンド改

何度かの管釣りテストを経て、何となくイメージが見えてきました



このロッドについては、マイクロスプーンな基本なしですね

投げるに投げられますが楽しくない

スプーンで3gからが快適なところのようです

この上のクラスのスプーンは実に良く飛んでいきますよ(笑)



クランクについても小さいもの、ツブアンタイプは厳しいです

クラーピー、パニクラであればそこそこ飛びました


ただしガツーンとこないと弾きまくりです

そういう意味ではティップがトラウト用としてはチョイ硬いということです


ミノーも60ミリ以上でないとつまらないです
HMKL K1 60は、ちょっとツライけど、DDパニッシュはOKです

当初の目的である東古屋のミノーとスプーンでの使用については、ぴったりとハマっているようです



さて問題の改造部分ですが、このバットエンドの長さがアレなので、スプーンでアタリがでても手首のスナップでアワセるのが難しく、バスの時のような腰の入った横方向へのアワセになってしまいました(^^;;

ちょっと大袈裟で恥ずかしです( ̄◇ ̄;)


魚とのファイトでは、管釣りのレギュラーサイズでは…ロッドを立てているだけで魚が水面まで上がってきてしまいます(^w^)

それだけパワーがあるということです




で、参考にしたのがこれですが…

この長さが基本でして、おおよそグリップ部が17~19センチくらいでしょう

もう一本も…

やはりおなじくらいの長さでしたね

使いやすいと思う長さは同じということです(笑)


ということでリールシートの下をシングルプラスの長さになるよう短くしましょう


ノーマルがEVAなので、これと同じEVAでバットエンドを作り直します


まず剥がしましょう

次に位置決めをしてカット

新しいEVAを挿入接着

これで完成です

約2インチカットしましたが、有効レングスはそのままなので、キャストには影響なしです


全長では6.5feet=>6.3feetになりました

さあ、再入魂を目指しましょう( ^ω^ )
関連記事
[ 2014/11/17 17:00 ] マイタックル ルアータックル | TB(-) | CM(2)

Re: 同じ

r−bさん、おはようございます

私の場合は、今回のロッドを使っていて感じたのは、ロッドを持つ手首の自由度が必要だという事を実感しまいした
大きい釣り場でダブルハンドで思いルアーを大遠投といった中禅寺ライクな釣り場ではありなんですが、通常の釣り場ではやはり自由度を取ってしまいますね
スモラバなどを肘からスイスイと泳がせるならばノーマルでも良いのでしょう

r−bさんの場合は先重りになってしまったようなので、グリップエンドにカウンターウェートを仕込むだけでフィーリングが向上するでしょうね

そういう意味では、セパレートでアレだけの長さを出しているのは改造の余地があるとメーカーが考えたのか・・・ナイナイ(笑)
[ 2014/11/18 08:38 ] [ 編集 ]

同じ

おはようございます。

私の斬鉄剣と一緒で、グリップが短くなりましたね。
このロッドはカスタムする場合、そうなる運命なのでしょうか(笑)
私のはヘビーアクションなので、先が重くてバランス悪いです。
ウエイトを入れるか、グリップ伸ばすか何かやりたいと思っています。
[ 2014/11/18 08:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する