ロッドのテスト…ゴーエモーン

バス用のベイトフィネスロッドですが、業界的にはBFリールと組み合わせるのが自然でしょうね(笑)

個人的にはこれにロープロを乗せて使うのは普通すぎなのでこんな組み合わせになるわけですが…



想定するのは東古屋でのバーサタイルな釣りなので、5gからのスプーンと80ミリクラスのミノーイングですが、この時期にテストできるとこが限られるので、とりあえず管釣りです


さて、キャスタビリティーのチェックをしていきます

まずはトップウォーターからで、POP-X jrをキャストしていきます

ブランクのスペックではこの重さはアリです

ベリー辺りにウェートが乗るかなぁの雰囲気ですが、ちゃんと飛びます

続けてトラウト用のクランクですが、こちらもロッドを曲げてやれば良いですね

流石にスプーンについては2.5gは欲しいかなぁ

1/8ozあれば満足できる飛距離です



感度も悪くないです

巻物でもトラウトのついばむようなコッと来るバイトがわかりますが、ブランクのティップが硬い(トラウト用よりも)のでかなり弾きます


となると乗せていくよりも掛けていくような釣りには使えそうです

この辺りのしなりというか曲がり具合は、ソルティーステージのほうが向いているのかもしれませんね

リールのレベルワインダーとファーストガイドの間隔がホーネットキラービーより離れているのは好印象です

普段はシングルハンドばかり使っているので、ダブルハンドは邪魔ですね

ミノーのアクションや合わせの時の動きが不自然になってしまいます(笑)

それと魚のサイズが小さいとつまらない、あっという間に寄ってきます

ある程度のサイズがガツーンとくれば言うことなしなんですが…(^^;;
関連記事
[ 2014/11/08 17:00 ] マイタックル ルアータックル | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する