今更ですが湯ノ湖攻略~~夏から秋

今年は通ったなぁ~の湯ノ湖



真夏のドピンカンは別にして、イブニングで楽しかった6月以降もまずまずのペースで行きました

もっともルアーではなくフライですが…


梅雨時は雨水が山肌に染みこみ湧き水がゴンゴンと湧いてくるので湖水の透明度が上がります



このタイミングで湖を一回りすると透明度が高いところと淀んでいるところがよくわかります

いわゆる湖流ですね

当然湧水が増えれば増えるほど湖流が強くなり、晴天が続いて湧水が減れば湖流が弱くなる、弱くなればトラウトたちの多くはより水温の低いところに集まり、一般的には釣りづらくなるの循環です

一方では食い気満々のトラウトたちは水生昆虫のハッチが日中でもところやテレストリアルの多いところは、ポイント次第で昼間からドライでも釣れることがありました



一部ポイントではモンカゲロウもハッチし、沖合の潮目ではデカ虹が春セミにバイトしているところを何度か目撃しました

春セミパターンに関しては、中禅寺湖ほどではないにしても可能性を秘めていますね

木々のオーバーハング下はテレストリアル含みのライズがかなりありました

その多くはブルックだったりしますが、中には大型も混ざりました



真夏の8月は少しさぼり気味でしたが、お盆明けはさすが山の上、下界より確実に気温・水温が下がり徐々にコンディションが回復してきました

昼間から釣れないこともなく、かといってイブニングでライズするかといえば空振りとなることが多い時期です

高温期でもあり、雨が降らないがため湖水の色が悪くなるのもこの時期で、さらに彼方此方に湖底から連なる水草が顔を出してきます


上の写真で黒く見えるのが水草の群生です

これが非常に厄介で、遠方に投げて沈めて来ようとするとほぼ手前の水草に絡んでしまうという悪循環に陥ります

フライであればシンクティップをうまく使えば良いのでしょうが、なにせ投げづらいものでなかなか採用されません(当社比)

この頃は黒のマラブーをメインで使用してました

何より水が濁り気味だったので、そういう時は黒が一番反応が出やすいというのが自分の定説、#12ロングシャンクが好調でしたが一方で引っ張りをしている人によれば#8クラスの大きいフックでもOKとのこと



岸釣りでとなると振れるポイントがだんだんと限られてくるので、ポイント選びが重要です




9月に入ると朝夕の気温が20度を下回り、8月には沢山いた赤トンボが居なくなると同時に魚たちが秋モードになってきます

ホンマス、ヒメマスが色付き始め、産卵に向けて岸寄りに接岸してきます



捕食するベイトが限られるここでは、秋口からまたユスリカのハッチが始まるということは重要です

黒のマラブーでサーチして反応が悪い時はユスリカ系のパターンに変更すると意外とアタリが出るものです

水草のトラップは相変わらずで、ヒットした後油断すると水草の中に突っ込んで行くので注意が必要です

もっとも魚たちは湖流のあるところに集まってきますので、前述の淀んだところでどんなに頑張っても徒労に終わるでしょう



そうそう、時期は忘れましたが稚魚放流がありますが、その時はいつもの湯の湖が一転します

4~5センチくらいの稚魚の群れに向かいデカ虹がボコボコと追い回し始めます

この時ばかりは釣り方もより大胆に、かつエキサイトな釣りができますね

ルアーもそこそこのミノーでガツーンとくるのですが、悲しいかな長くは続きません




近年、湯ノ湖では50cmクラスのヒレピン虹鱒がよく釣れるようになりました

そのパワーは、フライリールからバッキングまで引き出し派手なジャンプも見せてくれますのでなかなか侮れません

放流したてのレギュラーマスは付録のようなもので、湯ノ湖で釣るならデカマスがヒメマス、ホンマスを是非釣りたいものですが、ヒメマス、ホンマスを岸釣りで釣るには時期が限られてしまうのが残念なところです

ボートでも水深の深いところなら夏場でも釣れる可能性がありますが…

こうしてシーズン通してやってみると実に面白い釣り場だなぁと感慨深く感じます
[ 2016/10/01 17:00 ] 湖・アーカイブ | TB(-) | CM(0)

シーズンラストの湯の湖、まもなく紅葉です

いよいよラストの釣行となった湯の湖です

yuno-DSC_0978.jpg

天気予報は昼過ぎから雨とのことでしたが、到着時点では何とか曇り・・・このまま持てばいいなぁと思ったもの...

yuno-DSC_0979.jpg

だんだんと木々の紅葉が始まっていました

yuno-DSC_0980.jpg

今シーズン活躍してくれたフライロッドたち、あたらしい釣りに目ざめたシーズンでした


さて釣りの方はというと、どうも激渋が続いているようでファイナルフェスタから厳しい状況を引きずっているようです

レストハウス前の餌釣り船も上がってないような・・・

とりあえず何時ものポイントに入水、やっぱり渋い感じで引っ張りでは何もなしだったので放置プレイにしてやっと一本目

yuno-DSC_0981.jpg

あまり大きくはないもののホンマス~

yuno-DSC_0986.jpg

からのブルック

水面付近ではライズがありますが、フライを打つと違う場所でライズする状態...これはスレテイルノカ、それとも...??

yuno-DSC_0987.jpg

午後早い時間から雨が降り出しました

そうなるとアタリもライズもナッシング、結構やばそうな雰囲気に

yuno-DSC_0988.jpg

雨が止まないのでレストハウスへ休憩に行くものの、どこを見てもアタリが出ていない


雨後に再開してホンマス追加です

yuno-DSC_0989.jpg

なかなか男前な感じ

yuno-DSC_0990.jpg

ホンマスは良く口を使うけどヒメマスがなかなか食いついてくれませんね

沖のかなたの方で真っ赤なヒメマスがジャンプしてましたが...



最後の最後は難しい釣りになってしまいましたが、今年はシーズン通して湯の湖通いでした

それなりに釣果もでて、来年の課題も見えてきたのでまた楽しみが増えました

[ 2016/09/29 17:00 ] 湖・アーカイブ | TB(-) | CM(0)

湯の湖、ファイナルフェスタ前日に...

湯の湖のファイナルフェスタの前日にお久しぶりのSTMさんと行ってきました

yuno-DSC_0962.jpg

天気はどんより、でも雨は降らずに持ちそうな気配

yuno-IMG_1498.jpg

STMさんとは中禅寺湖の丘っぱり以来、本人も久しぶりの釣りとのことでした

先に始めていたSTMさん、ルアーでニジマスをゲットしていましたが、ついてくるのが見えるのになかなか食いつかないとのこと

ならばいつものパターンでフライをすすめます

yuno-DSC_0965.jpg

私はとりあえず引っ張りでスタート、二ジマスをワンキャッチしますが前回同様追いがイマイチ

しばらくやって放置プレイに変更するのもいつも通り

yuno-DSC_0964.jpg

すると例のごとくホンマスがヒット~

相変わらずの茶系のボディーが一瞬ブルックかと思わせますが、ファイトがやっぱり違います

yuno-IMG_1495.jpg

ルアーからフライに持ち替えたSTMさんにもホンマスヒット~(なんやかんやで本日は3本キャッチしました)

yuno-IMG_1497.jpg

その後も頻繁にアタリはありますが、アタリ自体がかなり小さく、誘いが上手くいくとヒットするような感じ

yuno-IMG_1499.jpg

後半はブルック祭りに突入~大小さまざまなブルックがヒットしました

アタリが多いのは良いのですが、乗らないアタリに悩まされるのは相変わらずです

STMさんは終始コンスタントにアタリが出ていたので、相当数ヒットしましたね
(デカピンのラインブレイクは惜しかった~)

ボート上がりの4時過ぎから少し水に浸かってみましたがニジマス2本のみ...どうやら水面に落ちた黒い虫を捕食していたようであちこちで夢中になってライズしてました

しっかりとフライを用意しておけばよかったなぁと反省です
(テーパーリーダーもなかったしドライフライはまったくもってなかった)



ちなみに前週キャッチしたホンマスがまだ全内の水槽で元気に泳いでました

yuno-IMG_1494.jpg

うーむ、このまま年越しすればデカくなるんだろうなぁ
[ 2016/09/23 19:00 ] 湖・アーカイブ | TB(-) | CM(2)

いよいよラストになるか...湯の湖

すっかり毎週の予定に組み込まれた湯の湖遊び、今週も行ってきました

今週は雨がぱらついていたので少しはコンディションが上がっているものと期待していましたが、水の感じはイマイチ

yuno-DSC_0928.jpg

水面を流れるちぎれた水草が厄介者で油断すると着水したリーダーやらフライが乗ったままだったりするのです


さて気合いを入れて昼前に着いたものの、いつものポイントでは餌釣りがぶっこみで投げてるし、べスポジには先行者アリ

どうしたものかとボートの横でとりあえずキャスト練習、合間を見て若旦那が来てくれたので#7ロッドに合うラインをみてもらうことに

とりあえずATL-S1/S2の#6/7でということでセレクトができたのはラッキーでした
帰り足にショップによっては見たものの欠品中~ザンネン


しばしキャスト練習をしていたら、どうやらいつものポイントが開いた模様なのでいそいそと移動(笑)


まずはクリアーインターで引いてみると...なにやらラインのテンション具合が良い感じ

yuno-DSC_0929.jpg

ブラックマラブーでポンポンとニジマス2本ヒット、3本目にアワセ切れをしてしまいいったん終了

カウントをとって引き始めてすぐにゴチーンときてのブレイク…いったい何だったんだろうか?


そこで直近情報ではホンマスが出ているらしいとのことだったので放置プレイに変更


無理して遠くに投げると釣れなくなるパターンもあるので引き出すラインの長さを少なめにして手前から探り出すこと

yuno-DSC_0931.jpg

サクッとヒットしましたが、寄せてくるときに茶色っぽく見えたのでブルックかと思ったらホンマス

yuno-DSC_0935.jpg

次に出たのもホンマス

yuno-DSC_0937.jpg

立て続けにホンマスがヒット、足元で思いっきり暴れたのでボディーにライン跡がついてしまった

yuno-DSC_0938.jpg

こりゃ~ええわいと釣れるときに釣ってしまおう作戦を展開、一段と色のついたホンマス

何時もの2/3の距離でいい感じでアタリがで続け気が付けばホンマス4本、ニジマス2本

yuno-DSC_0942.jpg

ニジマスが出ないのはおかしいなぁ~とぼやいたのが聞こえたかニジマスがヒット

yuno-DSC_0944.jpg

続いて…おっと~忘れてはいませんよ~、ちょっと大きめのブルックです、ファイトの感じがホンマスとは違いますね

yuno-DSC_0947.jpg

少しアタリの間が開いてきたのでポイントをずらしてキャストしたら~またホンマス


ここで一旦丘にあがりコーヒーブレイク
湯ノ湖とはいえ水に浸かっているとジンワリと冷えてきます、もちろん上着もきていないとダメです

yuno-DSC_0948.jpg

次のポイントに入りなおし、まずはクリアーインターの引っ張りでニジマスをキャッチ、しかし続かずおかしいなと放置プレイにして前回ボートからヒメマスがでたのはこの辺かな~と投げたらホンマス

yuno-DSC_0949.jpg

すっぽ抜けのアタリののちに出たのがオレンジが強く出たブルックもヒット

yuno-DSC_0952.jpg

今回は平均してアタリが多くノリもまずまず、しかもクリアーインターで合計4本も釣れたぁ(自分的にはかなり釣った方です)

夕方5時半、ラストのニジマスを釣って本日は終了

yuno-DSC_0954.jpg

日没頃のタイミングでライズが多ければイブニングも頑張るのですが、あまりライズがないので深追いしませんでした

yuno-honmasumaturi.jpg

写真をまとめてみると結構釣れましたね

希望を言えば真っ赤なヒメマスを釣りたかった~

途中一発でラインごと引っタクっていってブレイクしたのはデカピンニジマスだったのか?それともメーターサイズのコイだったのか??

なかなか面白い釣りができました

もう一回、チャンスがあれば…
[ 2016/09/17 17:00 ] 湖・アーカイブ | TB(-) | CM(0)

まもなく秋の陣!東古屋湖の様子見に…

9/15(木)時点での様子



ダムサイドから上がっていって事務所の見える位置から

前回見た時とさほど変わっていないし、沈み堰堤まで数メートル近く水が少ない


 ↑
松手沢の橋からダムサイドを見る

沈み島が丸出し状態、しかし沢水は落ちているのが救い


 ↑
おなじ場所から上流側を見る

全然水が足りない、左右で比べると左沢のほうが少し水が多いか


 ↑
事務所下の駐車場から歩いてみたところ

この岩盤下にいるかと思ったがトラウト類は見えず


 ↑
同所から上流を見る

完全に川状態だが登ってきている魚は見えず


 ↑
流れが入ってきてるところの透明度はまずまず

この後の秋の雨でどこまで増えるのか...



いよいよ今週末から始まる東古屋の秋の陣

近くに行ったついでに覗いてみたが、流れ込みは活きていたけどまだまだの水位

透明度が上がっていたが、見えた魚はヘラばかり
[ 2016/09/16 17:00 ] 湖・アーカイブ | TB(-) | CM(0)