箒川キャッチ&リリース…1回目

今季初のストリーム、いろいろ試したくて箒川C&Rにやってきました

渓相は去年と変わらず、相変わらず浅い流れですね



以前のように岩盤スリットにトラウトが並んでいて、上から順に・・・は当分味わえないのでしょう



まずは降ろしたてのウェーディングシューズ…紐で締めるのではなく、マジックテープ仕様

本来川で使うというよりも、湖用と割り切ったものです

湖ではポイントまでは歩きますが、そこから先はウェーディングしてもさほど動かずで足場の良いところに入るので、ウェーダーの脱ぎ着しやすいものにしました

まずまずの履き心地、重さも軽くてい良い感じ

ソールはフエルトスパイクだけどおろしたてなので箒川の岩に吸い付くようでしたが、問題になるのは耐久性か…



そしてこちらはオリジナルマグユニットVer3を装着したBC421ペスカトーレとフェンウィック60UL



ラインを06PEに巻き替えてきたのでデカピンでも大丈夫、おまけにドラグ滑りを良くする?ためにテフロンワッシャーに交換済み

実際のところ…かなり滑りますが、悪くな~い
ドラグサウンドがあれば分かりやすく理想なのですが、これでもヒットしてから変に慌てることなくラインを信じてやりとりできます
(結果的にはばらしてますが(笑))



で、マグユニットです

バージョン3に1.5ミリを4枚並べましたが、この配列ではブレーキがかなり弱めでした

1.5mm + - + - でスタート

川なので遠投よりもピン撃ちに近いので、シュパーっと投げてサミングでピタッと止めるのはダメはないのですが、もう少しマグでラインのテンションを残したいところ、なのでマグ追加

3mm - 1.5mm + - + - となしました

3ミリを1枚足して間に合わせましたが、4gのスプーンはこれでもカッ飛びます

マグのベストセッティングにはもう少しですが、こうしてセッティングしているのが楽しかったりもします
(そうこうしているうちにバージョンアップしちゃうかも…)




ここに来たらまず行かなくてはならないいつものブレス、店が綺麗になって奥に動いてました

エヴァが居なくなったのは残念ですが、カフェが格段に良くなりましたね

近くにいったら是非寄ってもらいたいところです




それでは川にインします

20170424190842268.jpg


やはりといいますか、水が少ないです

透明度は悪くないのですが、先の台風で埋まった川底は特に変化なく全般に浅いまま

久しぶりなのでトラウト達を見つけるのに一苦労


ルアーを見やすいように古屋で使った目立つルアーを引いていたらレギュラー君



これで何となくトラウトの付き場、チェイスを見られるようになってきました




しかしココで出れば面白いという瀬の真ん中は反応なし…



そういえば塩原温泉辺りは今が桜の時期だからまだまだ水温も低いのか…



スプーンをダウンクロスでドリフトさせてからのターンをさせると集団で追ってくるのが見えますね(^^)



でもサイズは…




この瀬の上でデカイのがギラリときたけどヒットせず



別の場所で見つけたデカピンに流し込むこと数回、何度かチェイスしてきたところで、その下に居たデカピンが猛追してヒットしたもののフックが伸びてバラしました

旨い具合にドラグが出てきたし、巻けていたんですけどね~

ここで時間が無くなりタイムアップ、レギュラー君は沢山居ましたが、デカピンが底に張り付いてて動かないようでした



何となく感が戻ったようなところですが、GW中は混むんだろうなぁ

もう少し放流が入れば面白いとは思うのだが…


++++++++++++++++++++++++++++++++

塩原の河童さんからの警告がでてました

「車上荒らしにご注意を」
http://blog.livedoor.jp/siosakana/archives/2364582.html


全国的に観光ムードで受かれる時期でもあり、それに乗じて観光や遠征の釣り人を狙ったかのような置き引き、車上荒らしが出てくる時期です

山の上の湖でもあったようだし、ほかの河川でも起きているようです

被害に遇われた方の心中お察ししますが、われわれ釣り人も自衛しつつ、車の回りで不審な動きをしているものがいたら一声かけましょう
[ 2017/04/25 17:00 ] 2017年の釣り | TB(-) | CM(4)

2017東古屋…9回目 丘

前回はボートからの撃ち込みの釣りを楽しみましたが、数は出なかったもののルアーの面白さを実感する釣りでした

ショートレンジでしたが、潜っているトラウトをルアーの波動でまさしく引きずり出すようなイメージでチェイスし、フライではちょっと難しいかなと思えるものです

が、そうなると今度はフライで釣りたくなるところもありまして、またしても丘釣りに挑戦しました




もう桜は終わり、この後は山側に自生するヤシオツツジでしょうか・・・




今回のタックルは、K-blt 1206-4を2セット、ラインはフローティングとS1S2



それとルアータックル、ロッドはVOLKY-65BFULに久しぶりにメタマグDCを投入しました

キャスト時の「キュイーン」音はなかなか面白いです



まずは水の様子を伺いますが、どうも透明度が落ちてますね

雨も降ったし、水温も上がったしで濁る要素が増えましたし、どうやら今年は例年よりも水位の低下が早いようで前回よりも確実に水位が下がっています



それではまずはルアーから試してみましょう

スプーン、ミノー、シャッドと順番に回してみます



ミノーではチェイスがなく、手持ちシャッドでは足元でゴミを拾うのでスプーン縛りでした



かなりバイトがあるのですが、何しろバスロッドなもので弾きまくりです(笑)





それではフライを投入です

まずはS1S2から

こちらのラインはSAのアトランティックサーモンDHなんですが、従来のものと新しくDHのショートがでていて迷った末の従来タイプをチョイス
ラインのウェート的には番手に対しては同じなんですが#5/6がなく、全長が短くなっているのでショートバージョンはよりスカジット寄りにセッティングされたということでしょうか・・・
試していないので投げやすさ、ターン性などは分からないので実績のある従来タイプとなりました




こちらでもアタリがでてます

この水深であればクリアーインターを使った方が良かったのかもしれませんが、ラインに入魂したかったので敢えて沈むラインです



そしてカウント中のタイミングで引っ張っていったゴーマルヤシオ君

ヒットしたときはレギュラーかとおもっていたら、寄せてビックリ、魚もビックリで大暴れ、取り込みに時間がかかってしまいました(笑)



続いてフローティングのホットケを試します



また今回も向かい風…場所柄ボートの近くではスペイはやり辛く、結局OHキャストになってしまいます



さほど遠投しないところでバイトがあり、レギュラー君が頻繁にヒット

これなら#5のスイッチでも十分だったのですが・・・



少し奥でゴボッとなったのでフライを撃ち込んでおいたら出ましたね~(^^)



これは逝ったか…推定ナナマル君

普段持たないランディングネットがあって良かった~って入りきらないし(笑)

このデカピンはお土産用にキープして続けますが、一度ならず2度もデカピンを仕留めるとレギュラー君では物足りない…贅沢ですねぇ~(^^)



やはり事務所下はアタリが続きますが、このあと減水すると丘が広がりだすのでGWまでのポイントになってしまうのか・・・




夕方の良い時間帯、ボートが終わったので本命ポイントに入ってみます



が、既に時遅し…本日分の獲物は既に確保されたようで、レギュラー君のみで終了です



ダムの水位が下がってきています

つい先日まで腰まで浸からないとダメだったキャンプ場下の丘が出てくるのは来週あたりか・・・

随所に点在する水中のストラクチャーがあらわになってくるので、ボートの場合はよりピンスポットの釣りになるのでしょう

去年のようにデカピン連発はありませんが、コンスタントにアタリが出ていればGW中も十分楽しめそうです




それと、今回#6のダブルハンドでキャストをしましたが、なんとか湯の湖での丘釣りにめどが立ったというような・・・

いざ現場に行ってからキャストがひどいとか、全然飛ばないではね

もっとも解禁当初の湯の湖は残雪などもあり水がかなり冷たいので、極力ウェーディングは避けたいものです

GW明けてからが勝負時となる中禅寺湖ともかぶってくるので本格参戦は6月に入ってから?

今年は湯ノ湖の解禁日が月曜日、カレンダー上で黒い日でもGW中ですからね、私は近づきませんf(^_^)
[ 2017/04/22 17:00 ] 2017年の釣り | TB(-) | CM(2)

2017東古屋…8回目 ボート

春の大物釣り大会から一週間の日曜日、今回はSTM氏と同船でボートで出撃です

毎回決めてくれるのは彼ですからね~、期待は裏切りませんでした

koya-DSC_1116.jpg

大会直後にパターンがはまり大型を連発させていたとの話もあり、それにあやかろう思ったのですが・・・

koya-DSC_1119.jpg

今回のタックルは、フェンウィックにパガーニP300(例のマグブレーキをチェック)、キャスプロ60Lにシルバーピクシー、それとフライタックルです

koya-DSC_1118.jpg

まずはボート釣りの定番ポイントのキャンプ場沖に入ります

始まったころは風も穏やかで、ライズもそこかしこにありましたが水の透明度が落ちてるような・・・緑色が濃い感じ、これは植物系プランクトンが水温の上昇に伴って動き出したということかな?

開始早々はルアーをとっかえひっかえ投げますが、当たったかなぁ~のようなのが多少あったかなのレベル

なかなか手ごわい一日になりました

koya-DSC_1120.jpg

ファーストフィッシュはフライのほっとけにしてやっとのレギュラー君

これはいけないと考え、大型魚のライズの近くに移動してフライのシンキングを引っ張って・・・

koya-DSC_1121.jpg

いやーライトタックルの#6だったので十分に引きを堪能させてもらいました

これでも十分にデカいと思ったのですが、上には上がいたものです



昼前に一度最上流部まで探検に行きましたが、桜がきれいでしたね

まもなく花筏が楽しめそうです

koya-DSC_1122.jpg

で、トラウトたちの気配がないまますぐさま折り返しとなってしまいました

いったいどこに行ったんだぁ~



で、折り返しからのランガンスタイルでSTM氏のロッドがひん曲がりましたよ~

koya-DSC_1124.jpg

流石、デカマスを仕留めているだけあります、落ち着いていなしてナイスキャッチ

koya-DSC_1128.jpg

大人の太ももほどの体高のあるデカピンです、すごい重かったですね

推定ナナマル弱、同じポイントをすぐに撃った私にもゴンときましたが、うまく乗せることができませんでした




その後はダムサイドの方へ流しながらとなりましたが、時折ライズがありクルージングを確認できましたね

koya-DSC_1131.jpg

しつこくやっていたら私のミノーでもワンキャッチ(笑)

サイズが小さくて笑ってしまいます


koya-DSC_1132.jpg

一時過ぎからの強風でボートを定位置に止めように止まらず苦戦しつつ、一番下まで行ってきました



最後は風裏に逃げ込みましたが、ここでも数回のバイトはありましたがデカピンキャッチとはなりませんでした

koya-DSC_1134.jpg

終わってみれば、二人でデカピン2本、レギュラー君数本と寂しい釣果

でもデカいトラウトのチェイスを目視しできたのでそれなりには楽しめました


さあ次回行くとしたらまた丘釣りかな

[ 2017/04/17 17:00 ] 2017年の釣り | TB(-) | CM(0)

2017東古屋…7回目 丘

無事に春の大物釣り大会が終わった東古屋

なんでも優勝から上位一桁台は皆ナナマルオーバーだったようで、ロクロクを釣った知人でも30番台だったそうです

さすがにハチマルはないにしても、このサイズで競えば参加者の皆さんは「もしかして~」と期待が膨らんだことでしょう

なにしろ大型マスを1トン以上入れたらしいので、その辺の管釣り場よりも大型の魚影は濃くなっているはずです



さて、こうなると残ったトラウトを狙うのが面白い訳で、いつも通りに午後からのエントリー

koya-DSC_1086.jpg

違うのはトラウトが広範囲に散らばった?おかげでポイントが自分の好きなところに入れるということ
イチオシの事務所下は変わらないとおもいますがスペイを振るには物足りない…


今回のタックルは1064-5のスイッチと1204-6のダブルとルアーのセット

koya-DSC_1085.jpg

ダブルは久しぶりなのでどちらかというとキャスティング練習というか、タイミングのチェックをしつつ引っ張りをやります

スイッチの方ではホットケメソッドをセットアップします



まずはルアーで小一時間ほどチェックします

タックルは訳ありテスト中のパガーニP300をフェンウィック60ブランクにセット

まずはスプーンを試しつつリールのセッティング

koya-DSC_1087.jpg

見える魚はヘラブナばかりと思いきや・・・

koya-DSC_1090.jpg

ブレイクで根掛りしないようスピードアップして巻きだしたらもの...すごいスピードで追いかけてきて乗りました

大会のおかげでレギュラーサイズも少し大きくなりましたね

その後も結構足元まで追ってきますが最後の最後は食いつかない…

続けとばかりにミノーを回してみますが、アクションを入れる系のミノーには反応なし、ただ巻きクランク系でドン!と来ましたが・・・

koya-DSC_1092.jpg

デカピン一歩手前のサイズ、ヒットしてからは暴れるしジャンプするしで釣るならば一番楽しいサイズです

テロテロ巻きをしているとヌーっと追いかけてくるのですけどね、足元まで来てUターンするのは相変わらずです


その後遠投してフォール中にアタリを感知して合わせたところでスナップの上からラインブレイク

フッキングして口にルアーを背負ったトラウトが痛そうにジャンプしたのは秘密です






ルアーを一時間ほどやったので久しぶりのダブル、k-blitの出番です

湯の湖の丘釣りで活躍してくれましたが、普通の管釣りでは使えないのが惜しいところ

当初はS1S2で試してみたかったのですが、足元のブレイクに引っかかりそうなのでクリアーインターでスタート

折からの風が回っているので、キャスト中に風向きが変わったりするのでなかなか調子が出ません

やっぱり風があると#6では厳しいか・・・

koya-DSC_1095.jpg

時に風が止んだすきに遠投してカウント15で引っ張ってきたらドン!と出ました

koya-DSC_1097_201704132023591b8.jpg

こちらはロクマルには届かず、ゴーマルクラス

それでもなかなかのファイターでした

一時間で似たようなサイズを二、三本キャッチです


koya-DSC_1099_201704132024024c4.jpg

透明度は相変わらず、まだ水温が上がっていないということか…



続いてスイッチのホットケメソッドに


間は空きますが、飽きない程度にアタリが出ます

koya-DSC_1100_20170413202403858.jpg

しかし残念なことにレギュラーサイズが中心です

コヤシオクラスもヒットするもランディング寸前でフックアウト~~

ちょうど駆け上がりに掛かるかどうかのところでアタリがでますね


こいつは食いつくところが見えました



ニューリールを試そうとしていたからタイミング良くヒット、リールファイトまで試せましたよ

しかし大きくなるとファイトでエネルギーを使い果たしてしまうから、リリースする時は注意が必要、プカ~と引っくり返ってしまうこともあるからね



1時間程ほっとけをやっていたらボートが近くまで入ってきてトラウトの気配が消えてしまいましたよ


気配がないままルアーに持ち替えてあれやこれやとためしまして、4時を回ったところでフライに再挑戦

koya-DSC_1101_20170413202405a57.jpg

夕方近くには寒くなってきたのでまずまずのサイズをキャッチしたところで本日は終了です



事務所前ほどの頻繁なアタリはないものの、スペイキャストの練習として思いっきりできるのはうれしいところです

さらに引っ張りでも釣れたというのは私的には満足です(意外と苦手なんですよね)

この状況が続けばGWまで楽しめそうです
[ 2017/04/14 17:00 ] 2017年の釣り | TB(-) | CM(2)

2017東古屋…6回目 丘

いよいよ春の大物釣り大会となる東古屋(アップしたときには終わってる?)、その前に行っておこうと・・・もはや定番となった午後から丘釣り、ポイントは彷徨いてもダメなので事務所下へサクッと。。。
 

 
曇り空で弱い南風のこのタイミングでユスリカ等がハッチし、あちこちでライズがあるということはやはりここか!気配が全然他と違う~(^^) 
事務所での話では午前中はこのポイントもだめらしいが・・・





今回はいろいろと試したいことが盛りだくさん、まず用意したタックルその1、ネクスティーノ76MLにレボSXにPE08を100m巻き
 
このタックルでスライドスプーンを試してみたかったのですが…最初の一投目でPEラインがぶちギレた~ 

気を取り直しリーダーを結び直しての二投目、またしてもPEラインがブチンと… 

そういえばこのライン、去年、一昨年と中禅寺で使ってそのままのものでした

リーダーを結んでいて怪しいなとは思ったのですが、既にこのタックルでルアーを二本ロストしたので開始15分で即終了

中禅寺用のルアーも補充しなくてはならなくなったところです



ロングロッドをあきらめてのタックル


その2は、安定の6フィートロッド(フェンウィック)にTDーz、PE06の40m巻き

グリップをグラスアイのオールアングルで組み上げライン、ルアーとセットしていざキャスト!

ん?!クラッチが切れない…

クラッチバーがグリップに当ってきれません 

慌ててスーパーストライクのグリップに繋ぎ替えました 

丸型リールであれば問題なく機能するグリップもロープロリールでは、使用前に確認が必要でした… 


さて、スプーンでいい感じに巻いてくるとラインがピンピンときてヒット、からのバラシを3回 

ドラグを締めすぎたために、全部トラウトがジャンプして抜けました

なのでラインが適度に出るようにドラグをセットしてからのヒット
 
 まあレギュラーですが…(^^)
 
アタリは続きまして、カウント3~13までのレンジの何処でもアタル感じ 

しばらくスプーンのアタリを楽しみましたが、良く見てると直ぐ近くまでトラウトが回遊してるのが丸見えなんですよ 

中にはサクラマスのグッドサイズなんかがいたりするのでミノーを用意

 
シャカシャカやると着いてくるのですが決定的には食い付かず、二、三度軽くフックに触って乗せられず…
 
「サクラマスはあれだ、見切っているな」と言いつつも中には気の利いたトラウトがいてテールダンサーでワンキャッチ(笑) 

変に動かさずにダラダラと巻くのが良いみたい

その後も夕方まで目の前をクルージングしてましたが、ルアーへの反応は冷たいものでしたf(^_^) 






ならば見え鱒を狙うがためにフライへタックル交換

1064-5にスープラEXP、1134-6にATL-SWTクリアーインター、おまけに今季初のウェーディングに挑戦 
ウェーダーの水漏れチェックをしたかったのもあります(笑)



まずはクリアーインターで引っ張りをやってみると・・・

 
ライズしたところに打ち込んでからの浅めカウントでヒット

ウェーディングした位置からはトラウトは見えませんでしたが、ライズは明らかにトラウトの生命反応、狙わない理由はない! 

が、足元が急に浅くなっているため根掛りが連発するのが困る~

 
引っ張りで小一時間楽しんだらウェーダーを脱いでのフローティングラインに持ち替えです 


ライズを狙ってフライを落とし込んでやると、沈んでいくところを追いかけていくのですが欲をかいて誘ってやるとサーっと逃げてしまう状態|д゚)

ドンダケスレテルンダ...

 
見え鱒がいると余計なことをやってしまうのが良いのか悪いのか・・・見えなきゃ見えないなりに釣るんだけどなぁ 

残り時間を見つつホットケメソッドに切り替えての管釣り状態はいつも通りです

 
漁協のおじさんと話している最中にデカマスがヒットしたのに真っすぐボートの下にもぐられてラインブレイク( ;∀;) 

その後ミノーを投げたりホットケメソッドにしたりと楽しんで本日も終了

 


聞いた話ではダム側でもサクラマスのチェイスが出てきた(けど食いつかなない)らしい 

いよいよ魚が動き出したのか?やっぱり大物大会が終わってからが激熱になるのか・・・ 

来週以降が楽しみです







[ 2017/04/08 17:00 ] 2017年の釣り | TB(-) | CM(0)