PX68SPR改改??テスト

組み上げたPX68SPR

fc2blog_201612151949400a1.jpg

ちょっと待てよ!冷静に考えたら、遠心仕様のSPRからただのPX68に戻っただけじゃね?

PX68としてみると、違いはスプールとハンドル周り(それでもSPRのノーマルのまま)

まあ煩いことは置いといて、自己満のために使えるようにセットアップしていきましょう


キャスコンはカタカタなしのハンドリングで重くならない程度に締め込み、マグダイヤルを3でスタート

なんの問題もなし、想像通りの飛び具合

イエローピクシーではPEラインが食い込んで急ブレーキからルアーが水面を叩いていた症状がないのが超嬉しい





まずはレギュラーマスで入魂

2g位のルアーならばピーキーさが無く、実に快適なキャストでビューンと飛んでいきます

強風やルアーの空気抵抗の具合に応じてマグダイヤルを3~4~5と合わせるだけです

それにしてもダイヤル5はブレーキが強すぎかな?

続けていくつかレギュラー君を取った後でした



ゴンと乗ったと思ったら水中深くで嫌々する重みのある首振りから上がってきたのはゴーマルオーバーのヤシオ君

いや~クラッチを切ったり繋いだりしながらのサミングドラグを久しぶりにやりました



場所が荒れたので少し移動して数匹目、「あれ!根掛かりしたか・・・」と思ったらまたしても首振りゴンゴンゴン~♬

パワーもさることながら魚の重さが半端ない…やっとのこと写真ポジションに誘導したら…



うわ~暴れるな~



き、切れる~



いきなりあばれる君になっちゃいましたが無事に収まりました(お魚はフライのおじさんに進呈)

二本もヤシオ君が出てしまっては本日は特異日かと欲をかいたのが悪かったか?大切なアタリルアーを三本目に奪われてシュウリョウ~~

またも根掛かり?かと思ったらズルズルとラインが引き出されるあたりはそれなりサイズだったのか…



とりあえずRay'sスプールでヘビー級をキャッチして問題ないことが実証できたのが今回の収穫かな

さすがにプレッソスプールやFSSよりも軽いだけあってキャストは極端に軽いものを投げなければストレスフリーですね

T3Airよりもキャストしやすいかもしれません

TR60もなかなか侮れないパワーを秘めていました(これなら東古屋でのスモールスプーンならばつかえるかも)
[ 2016/12/21 17:00 ] 2016年の記録 16 管理釣り場 | TB(-) | CM(0)

たまには釣りネタも…

11月になって里の紅葉の具合を見ながらのドライブ



平地はまだまだ、桜は葉っぱがおちてます



目的地は正面の山の近く、そういえばちょうど大会なんかやってるなぁ~と先ずは湖に向かいます



紅葉具合はイマイチ、さすがに東古屋の大会ということでボートがいっぱい

私的にはキャンプ場方面よりもダムサイドだと思うんだけど、結果はどうだったのかな?



ちょうど到着したのが10時頃、北風がビューと吹いてました
手こぎボートには辛い風です



事務所下はボートがイモ洗い状態でひしめき合っていました

駐車場で丸湖さんのブースが出てたのでご挨拶

あまり釣れてる感じはないですねぇ~と話しつつ、次に移動






尚仁沢シルバーレイク…アイジェットさんのブースが出てましたが、代表が行方不明??

時間がないので次に移動




道路脇の紅葉はいい感じです

山を越えて寺山ダムを覗く感じで…



やっと到着したのが308クラブ



北風が強いものの何とかなりそうなので午後からスタート
やっと釣りが始まります

水面近くに結構浮いていて飛んできた落ち葉に反応してます

ならばトップウォーター!!

小一時間頑張るもなかなかヒットしない、アタックはしてくるんだけどなぁ~

真下まで来てスーッとよけていく感じ、シャッド系の潜らせてから浮上させるアクションではいい感じでチェイスしてくるものの水面についてしまうとよけられる、これは浮力を調整してスローに浮くようにしないとダメか・・・

ミノー、クランクでやっとキャッチ



イワナ系



サクラマス

ニジマスはそれなりにヒットするものの、乗せられないアタリが多数

風でラインが流されるので、アタリが取りにくいのもあったか…



PEラインのリールからフロロのリールに替えたものの、ギア比が合わなかったのかいまいちしっくりこないままトップ縛りを再開するも、四時ごろ
に風が弱くなってきたのでフライを試してみることに

こちらはニジマスが元気にアタックしてくるのに、サクラマスは無視…というか水面よりも少し下で出てこない

結局のところ5時前にアワセキレしてしまったので終了

魚はワンサカいるので後は腕次第?それとも魚のやる気??

微妙に嚙み合わない感じでした
[ 2016/11/04 17:00 ] 2016年の記録 16 管理釣り場 | TB(-) | CM(0)

からの~釣れない釣り堀・つり天国(地獄?)


まずは美味しいおみやげをいただきつつの


皆でレストハウスでランチを…


マイティさんと同じジャンバラヤなので写真もお借りして…



ちょうど昼前に次の現場へ移動しました


そう、去年も此処でした

釣れない釣り堀「つり天国」です



時折強風が吹き付けます



ライズがあるので活性は満更でもないようですが…去年もルアーは厳しかったような印象があります

なのでまずは凸凹のがれでフライでスタート



firstキャッチ!フライなら難しくなくアタリが来ますね



2時半までフライをやりましたが出てくるのはレギュラー君、見えるデカピンはなかなか口を使ってくれません


折角なのでルアーのタックルを用意



良く考えたらラインは春頃に巻いた4lb.でしたね

キャストしたら巻き癖がついてしまいカールしてます

3時過ぎから5時まで頑張りました

見せ場はあるにはありましたが、あっけなくばらしましたよ

ペンシルで出たんですけどね



そんな厳しい中、目の前で釣った人がいましたよ



モニョマニョさんがやってくれました!




さらにしげ坊さんもガッツリと…


時間になり一応集合してきたところでの一枚目



そして二枚目



次回は年末の大納会かなぁ
[ 2016/10/10 17:00 ] 2016年の記録 16 管理釣り場 | TB(-) | CM(0)

白河トラウトまつりからの~

今年もやってきました白河フォレストのトラウトまつり



毎回思うのですが、イベントの度に雨が降ってイメージ



何故でしょうか…(ToT)

とりあえずここでは釣りはしない予定なのでざっとブースを見学します



と、やはり居ましたね~メガネ屋さん

お世話になってます(ᵔᴥᵔ)




そしてアイジェットでガサゴソして…


ゲットしたのはムカイにあったライン



とアイジェットブレードの5gクラス


来年の東古屋で活躍してもらいましょう



ということで続きます
[ 2016/10/09 12:00 ] 2016年の記録 16 管理釣り場 | TB(-) | CM(0)

今更ですが湯ノ湖攻略~~夏から秋

今年は通ったなぁ~の湯ノ湖



真夏のドピンカンは別にして、イブニングで楽しかった6月以降もまずまずのペースで行きました

もっともルアーではなくフライですが…


梅雨時は雨水が山肌に染みこみ湧き水がゴンゴンと湧いてくるので湖水の透明度が上がります



このタイミングで湖を一回りすると透明度が高いところと淀んでいるところがよくわかります

いわゆる湖流ですね

当然湧水が増えれば増えるほど湖流が強くなり、晴天が続いて湧水が減れば湖流が弱くなる、弱くなればトラウトたちの多くはより水温の低いところに集まり、一般的には釣りづらくなるの循環です

一方では食い気満々のトラウトたちは水生昆虫のハッチが日中でもところやテレストリアルの多いところは、ポイント次第で昼間からドライでも釣れることがありました



一部ポイントではモンカゲロウもハッチし、沖合の潮目ではデカ虹が春セミにバイトしているところを何度か目撃しました

春セミパターンに関しては、中禅寺湖ほどではないにしても可能性を秘めていますね

木々のオーバーハング下はテレストリアル含みのライズがかなりありました

その多くはブルックだったりしますが、中には大型も混ざりました



真夏の8月は少しさぼり気味でしたが、お盆明けはさすが山の上、下界より確実に気温・水温が下がり徐々にコンディションが回復してきました

昼間から釣れないこともなく、かといってイブニングでライズするかといえば空振りとなることが多い時期です

高温期でもあり、雨が降らないがため湖水の色が悪くなるのもこの時期で、さらに彼方此方に湖底から連なる水草が顔を出してきます


上の写真で黒く見えるのが水草の群生です

これが非常に厄介で、遠方に投げて沈めて来ようとするとほぼ手前の水草に絡んでしまうという悪循環に陥ります

フライであればシンクティップをうまく使えば良いのでしょうが、なにせ投げづらいものでなかなか採用されません(当社比)

この頃は黒のマラブーをメインで使用してました

何より水が濁り気味だったので、そういう時は黒が一番反応が出やすいというのが自分の定説、#12ロングシャンクが好調でしたが一方で引っ張りをしている人によれば#8クラスの大きいフックでもOKとのこと



岸釣りでとなると振れるポイントがだんだんと限られてくるので、ポイント選びが重要です




9月に入ると朝夕の気温が20度を下回り、8月には沢山いた赤トンボが居なくなると同時に魚たちが秋モードになってきます

ホンマス、ヒメマスが色付き始め、産卵に向けて岸寄りに接岸してきます



捕食するベイトが限られるここでは、秋口からまたユスリカのハッチが始まるということは重要です

黒のマラブーでサーチして反応が悪い時はユスリカ系のパターンに変更すると意外とアタリが出るものです

水草のトラップは相変わらずで、ヒットした後油断すると水草の中に突っ込んで行くので注意が必要です

もっとも魚たちは湖流のあるところに集まってきますので、前述の淀んだところでどんなに頑張っても徒労に終わるでしょう



そうそう、時期は忘れましたが稚魚放流がありますが、その時はいつもの湯の湖が一転します

4~5センチくらいの稚魚の群れに向かいデカ虹がボコボコと追い回し始めます

この時ばかりは釣り方もより大胆に、かつエキサイトな釣りができますね

ルアーもそこそこのミノーでガツーンとくるのですが、悲しいかな長くは続きません




近年、湯ノ湖では50cmクラスのヒレピン虹鱒がよく釣れるようになりました

そのパワーは、フライリールからバッキングまで引き出し派手なジャンプも見せてくれますのでなかなか侮れません

放流したてのレギュラーマスは付録のようなもので、湯ノ湖で釣るならデカマスがヒメマス、ホンマスを是非釣りたいものですが、ヒメマス、ホンマスを岸釣りで釣るには時期が限られてしまうのが残念なところです

ボートでも水深の深いところなら夏場でも釣れる可能性がありますが…

こうしてシーズン通してやってみると実に面白い釣り場だなぁと感慨深く感じます
[ 2016/10/01 17:00 ] 2016年の記録 16 湖 | TB(-) | CM(0)