フライ)スペイラインを整理する

今主力で使っているスペイラインはSAのアトランティックサーモン・シューティングヘッドのシリーズ

atl-line.jpg

#5と#6のスイッチ用にショートの5/6をフローティングとクリアーインター

#6のダブルハンド(12フィート)用にDHのクリアーインターとS1S2


その他にも各種テスト用に購入した格安系ラインがいくつかあります


このATLシリーズに言えることは、とても投げやすくターンもちゃんとしてくれるということです

メーカーの考えた長さとウェートポイントが絶妙で初心者でもそれなりに飛ばせます
どちらかというとキャストのスイートスポットが広くてごまかしが効くともいえますね

最長不倒距離を目指すのであれば違うラインの選択もありますが、そう何本もラインを買うわけにもいかないので、こちらを選べばそう失敗はないといえます

まあタックルや風向きによってはショートヘッドのスカジットのシステムのほうが良いこともあるので、ここは好みの部分かと思います



このATLシリーズのラインの表記が5/6、6/7と複数併記となっているのでとりあえずラインの番号でチョイスするケースもあるかと思いますが、しっかりとラインウェートを確認することは大切です

ロッドにラインウェートの表示があれば、それを元にラインを選ぶ基準にできますが、番手しか書かれていないと迷ってしまうことも・・・

自分のロッドは#6だけど5/6が良いのか?6/7のほうが合っているのか??

基準になるラインが一本あれば重めのほうが良いとか、悪いとかの判断にはなるので、最初の一本は仲間やショップのレンタルで試してみるのがベターかもしれません



ショップでの購入時は、パッケージにショートSWT、ショートDH、DHと小さい文字で書かれているので、ここもしっかりチェックしたほうがいいでしょう

同じ番手でもラインの重さが違うので、間違って購入して軽すぎた(重すぎた)があると無駄になってしまうことも

ラインのデザインは3種類ともほぼ同じようで、長さと重さが違う設定

atl-shooting.jpg

フローティングに関しては常に見えている部分だけに、3種とも同じカラーではなくバットエンド側かティップ側のどちらかの色を変えてもらえれば誤使用は少ないとおもううのだが・・・

atl-whand.jpg




ところで、あらたにDH用ショートヘッドがでてますが5/6番のラインナップがないので保留してますが、K-bltの#7DH用の勝負ラインがないのでどうしようかと悩んでいます(でも、どこで使おうとしているのかは分からない)

DH6/7でラインウェートだけをみると、ノーマルとショートDHはともに400gr(26g)は変わらず、長さが10.7mと9.1mと1.5mほどの違いが出ています

ロッドに乗せる重さが同じで長さの違いがどの程度キャストしやすさに影響するのか・・・、何しろメインが#5/6クラスのロッドなもので迷っているわけです

東古屋もまもなく減水で終了だし、湯の湖のトラウトのサイズでは高番手ロッドでは楽しくないし...

道具に頼るのではなくもっとキャストを磨けとの話もありますが、歳とともに楽な投げ方でないと釣りが辛くなるのでね~







そしてただいま中華ラインを取り寄せ中です

-1425584211787688498.jpg

ラインのデザインを見る限りでは、ヘッドの長さが結構長くて55フィート(16.5m)で350gr(24g)となっているのでダブルの#6あたりで使えるか?

ラインのカラーチェンジまでで40フィート(12m)なので、場合によっては切貼りしてラインを作るのもありか・・・
何しろお値段が2000円以内なもので(笑)

到着を待ってスイッチからDHまで載せてみて試してみたいと思っていますが、この分だとGW明けになりそうです
[ 2017/04/24 17:00 ] タックル考察 | TB(-) | CM(0)

オリジナルマグユニット…BC421ペスカトーレ対応

今度はペスカトーレですが、本命のバージョン3です

マグユニットのバージョン3はバージョン2よりもマグネットの位置を浅くしてナロースプールにも対応しました
(バージョン2ではスプールのフレームに干渉してしまいました)

kgw-IMG_2705.jpg

取り付け方法はバージョン1,2と同じくパーミングカップ側のベアリングハウジングです

プレート側の一番奥まで押し込みます

kgw-IMG_2707.jpg

ナローバージョンなので、マグユニットの奥行きを間違えるとスプールのフレームに干渉してしまうのですが、流石です、うまいこと取り付けできました

kgw-IMG_2709.jpg

こちらもはめ込み具合はバッチリ、外れることは間違ってもないですね

kgw-IMG_2712.jpg

ちなみに、こちらは↑パガーニP300(BC520)への取り付け状態です

マグネットの位置がバージョン2よりも外側(スプールのセンターより外という意味)になりますが、しっかりと効く位置にあります

kgw-IMG_2706.jpg

ところでマグネットの話ですが、当初はφ6x3mm厚のもので2枚~3枚でセッティングをしてきましたが、少しセッティングの幅をとるために少し考えました

1番ポケットはこれまで同様にφ6x3mmをいれ、2番、3番にはφ6mmx1.5厚を2枚ずつセットしてみました

現場でプライヤーを使って外したりするよりも、金物を近づけてスポンと一枚外せたほうがスマートでしょ(笑)



スプールはアベイルさんのBCP4220TRです

kgw-IMG_2705_20170417194809c51.jpg

ラインはPE04を30m巻きまして、ロッドは管釣り用のトリックトラウトです




というセッティングでやってきたのは近くの管釣り場

まずは前回のバージョン2の経験からマグネットを3ポケットに3mm厚仕様でスタート、遠心ブレーキは外してしまってます


最初は普通の2.5gスプーンからスタート

やっぱり3ポケットだと少し強いようです



1.5mmを1枚外してみたところ、かなり良い感じに

マグネットの取り外しは、キーホルダーについていた鉄物を当てて上の1枚を剥がすのでかなり楽になりました

再度キャストしてみて更に1枚外したところでベストセッティングにな、シュパーっと飛ぶようになりました




今度はクランクを試してみましょう



こちらもまずまずです

空気の壁とルアーの軽さを感じますが必要な距離は稼げています




ついでにトップもチェック



いいんじゃないですか~、何を投げても安定しているので問題なし




遠心ブレーキでセッティングがいまいち決まらなかったところが、安定志向で行けますね


細かいセッティングは各自の好みがあるので一概ではありませんが、私的には1.5mm厚さのマグを3ポケットに入れて、さらにその上に1枚重ねで調整すればより細かなセッティングが現場で可能になりますね

ナロースプールの場合は、ラインの量が少ないので大きい釣り場というよりも、渓流向きです

サミング命でキャストするのは結構疲れるのでこんならくちん仕様もありでしょ~



バージョン4の開発も進めるとの話も出ており、より使いやすいものができるかとおもいます、楽しみです
[ 2017/04/21 17:00 ] タックル考察 | TB(-) | CM(0)

オリジナルマグユニットのテスト…BC521(P300)

例のマグユニットのバージョン2のテストです

リールはパガーニP300(五十鈴でいうところのBC521x)



アベイルスプールのBC520用シャロースプール



取り付け時にクリアランスを確認、間隔は充分あります



取り付けはパーミング側にはめ込むのですが、はめ込み具合が絶妙!ピタッと止まります

スプールに巻いたのはPE04を40m

マグネットは6×3のネオジムを8枚、すべてのポケットにいれましたが正直なところ実際に使ってみてのセッティングになります・・・

ロッドはフェンウィック60をオールアングルに繋ぎました

koya-DSC_1087.jpg



釣り場は先日釣行した際の東古屋です

まずはフルマグ仕様でスタート、ルアーを3.5gのスプーンでキャストしてみたもののブレーキが強すぎて一枚ずつ抜いていきます

流石に8枚ではブレーキががちっと効いてます、ビッグベイトなどであればありかもしれませんが、トラウトでは全然飛ばな~い(笑)

3枚まで減らしたところで何となくいい感じ、それでもバックラの気配はなくむしろ失速感の方が強い感じ

kgw-DSC_1090.jpg

2枚にしたところで納得の飛距離と開放感

シュパーっと飛んでいきます、いいね!

とりあえずミノーもキャストしてみましたが、こちらは空気の壁との関係もありバルサ系ミノーは厳しく(強風の影響もあり・・・)、重心移動であれば満足の飛距離がでました

kgw-DSC_1092.jpg

ユニット自体もしっかりとはまっているので使用中にぐらついたり緩んだりはないので安心です

マグネットもかなりしっかりと入っているのでプライヤーを使って引き抜きます

まあ、セッティングを決めるまでなので、最初だけは妥協しましょう



トラウト用のルアーであれば520、420,430系はこのユニットにマグ3枚で行けそうです

もっともどんなところで使うのはユーザー次第なので、マグの8枚まで増やせることはありがたいものかと思います



次回のテストはバージョン3を使ったペスカトーレのテストとなります

楽しみが増えたけど、どこでやろう?

[ 2017/04/18 17:00 ] タックル考察 | TB(-) | CM(2)

オリジナルマグユニットを…五十鈴用

先にアンバサダー用のマグユニットを作ってくたブロ友の黄色い鮎が好きさん、ひょんな事からマグユニットの製作を依頼してました

内容としては五十鈴のスモールクラスのリールにアベイルシャロースプールを搭載した上で使えるマグホルダーというもの

42/43/52のどれでも(ペスカトーレも含む)使え、場合によっては遠心とのツインブレーキもできるとようにと、かなり贅沢仕様でお願いしておりました



そしてこの度目出度く第1号のサンプルが出来上がりました

IMG_3245.jpg

忙しい中、加工していただきありがとうございます


ブツはPOMの削り出しで、マグネットは入手しやすくローコストな100均(ダイソー)のネオジム(φ6x3)を使う仕様、MAXで8枚乗せられます

IMG_3243.jpg

取り付けはパーミング側のベアリングチューブにセットします

なので遠心側はそのままですからどちらのブレーキもONできるし、遠心ユニットを外せばさらにスプールの軽量化が計れます

IMG_3244.jpg

バージョン1はマグネットの位置が遠いのでミディアムスプール対応かな

さらにシャローなTRタイプ用に別サイズでバージョン2、そしてナロースプール対応のバージョン3も用意してます

スプールとの距離が離れているためにブレーキ力不測の場合にはマグネットの2枚重ねという手もあります

IMG_3242.jpg

上記のフォトはプラッガーでの取り付けです

ユニットの取り付け、マグネットの設置までは確認できました、この後は実際にルアーをキャストしてからのセッティングとなります

ブレーキセッティングはそれぞれのキャストの仕方や好みで変わりますからね、調整幅(枚数、厚みなど)がかなり広くできていると考えてます



ちなみにバージョン2も来てますよ

IMG_3254.jpg

マグネットホルダーとスプールの壁の距離をより近づけたバージョンです

IMG_3255.jpg

こちらのほうがより実用的でしょうか

IMG_3258.jpg

こちらのテストも楽しみです
[ 2017/04/15 17:00 ] タックル考察 | TB(-) | CM(0)

フライ)スープラEXP #5/6 F のテスト

ここまで順調にネタを放出してきたところで中だるみ…何かと忙しい年度末です


さて、最近になってSAのフライラインが安くなった?ようなのでポチっとやってしまった(-.-;)y-~~~



アマゾンプライム!ヤバき…

プライム会員登録したらビデオやらミュージックやらが放題だし、ポチっとやったら翌日に送料無料だったり(こりゃ~ヤマトも泣くよな)…

店に行かずに買い物できると支払い感覚がズレるよね(>_<)








さて、チムコの宣伝ではシングル、SWTのどちらでも使えるとの話

ならばとテスト



シングルハンドはSAGE 906ー2

test-DSC_1064.jpg


スイッチは1064-#5



キャストのコツはヘッドの出し具合というか垂らしの長さらしいのでその辺りを意識してやってみよ~

アイボリーのヘッドとランニングの間にブルーのリアテーパーという組み合わせなので、ブルーの部分をティップからどの程度にするかで調整するわけだ…



まずシングルハンドでは・・・

オーバーで投げてみますが、ラインのみ数メートルの段階ではあまり違和感はなかったのがベリーからブルーの部分がティップから出るとだいぶ印象が変わりますね

普通のWFラインよりも短いところでヘッド分の重さが乗ってくるので、新手のシューティングラインのような印象になります

今回は小一時間しか試していないので、本来のキャスティングになっていないのか?シューティングスペイ風に振ってみたもののいまいちピンとくるものがなかったです

オーバーで振ったときにはかなり飛ぶように感じますね

test-DSC_1065.jpg

#6のロッドだったので#5ロッドになるとまた印象が変わるのかな?

イマージャーを結んで湯の湖イブニング風に使ってみたらいい感じ、水面下でギラリ!

test-DSC_1066.jpg




ついでスイッチでは



オーバーでキャストしてみたら、とても良い感じです

シュパーンと飛んできます

これまではBOOST #7でしたが、こちらのラインの方が合ってるみたい

インジケーターを着けるとまた印象が変わるかもしれませんが、イブニング時にオーバーとアンダーで攻めるには最適ですね

ちょっとした距離をアンダーで投げるにはターンしますが、ロングキャストしようとなるといまいち垂らしの長さが決まらない

垂らしの長さを間違えると振ってる途中でガクンとくるし、アンカーが決まらなかったからリーダーも検討かな


ガチでアンダーキャストをするならアトランSWTを使った方が数段投げやすいのは間違いなし


あれ?私は何処に向かってる??
[ 2017/03/28 17:00 ] タックル考察 | TB(-) | CM(0)