アンバサダー Mag-Plus

ちょうど過渡期(迷走していたともいえる)のアンバサダー マグプラス(右)、いわゆるLITEシリーズのもの

lite-IMG_2439.jpg

当時価格で11800円という価格帯はエントリーモデル?

lite-IMG_2440.jpg

フロント部分に誇らしげに金文字で「GRAPHAITE」と書いてありますが、今でいうところのカーボン素材、どちらかというと樹脂製って感じです

ダイワのザイオンやエアメタルのような軽量感は全く感じず、密度が濃い感じですね

lite-IMG_2441.jpg

素っ気ないデザインと配色でチープベイトと言っても良いか?

lite-IMG_2442.jpg

リールのフットも同一素材でアッセンブリー:USA、89-1 90-91と打刻あり

lite-IMG_2443.jpg

パーミングカップを開くにはネジ系を4ケ外さないとスプールにたどり着かない

スプールの交換は頻繁にはやらないとしても面倒です

ちなみに「マグプラス」の名の通りにマグネットが入ってますが、この時代はフェライト磁石なので今どきにネオジムとは比較にならないほど弱いものです

ホルダー裏のプレートが2穴分空いているので強化は可能

lite-IMG_2444.jpg

スプールにはベアリングが1つ、反対側はブロンズブッシュ仕様

ちなみにスプールサイズは、直径36ミリ、幅23ミリ、互換のあるスプール探しが難しそう

lite-IMG_2445.jpg

ハンドル側もパーミングカップ同様にネジで開きますが、機能的にはほぼカバーと言っても良い状態

ここのキャスコンノブはドラグノブとのクリアランス、そしてハンドルとの距離感がかなり近く操作性はいまいちです

lite-IMG_2446.jpg

機関部をみると何とか押し込んだような感じに見えますね

IARではなくラチェットタイプのクラッチリターンなので、ハンドル部のガタというかカチャカチャが出やすいです

lite-IMG_2447.jpg

写真ではわかりずらいのですが、ピニオンギアを受けるのはスプリング1本

他にも細いバネが仕込んである

lite-IMG_2448.jpg

Eリングを外してシャフトを抜いてプレートを外しました



このパーツがクラッチのリンクですが、機能的にはオフに動いたら元の位置に復帰してしまうので、単純に押し込むだけの機能しかないです



メカニカルパーツの展開ですが、部品点数はかなり少ないです



機能確認で組み上げた図です



そして別角度から






良くも悪くも過渡期のリールです

この後に来るレボエリートに繋がる面もあるし、いわゆるクラッシックな丸型の面影も残っています

スプールの深さや外径のサイズからいっても、軽量ルアーというよりも1/4oz以上のものをバゴーンとキャストする用でしょうか

IARが付いてないのでミノーの様なストップ&ゴーのリーリングよりも巻き続けるスピナベやナマズトップでは使えそうです
[ 2017/02/23 17:00 ] ベイトリール AbuGarcia | TB(-) | CM(2)

REVO LT-L メンテナンス

先日使ったときにてっきり6ギアだと思っていたら7ギアだったということに分解して気づいたところです

同じように巻いていてもルアーがどんどん浮いてくるからおかしいな~と思ったところでした



さてこのLTには例の「レベワイを先に延ばして遠投性を上げる」というパーツがついていました

しかしどうも使用中にPEラインの色抜け、フロロの白色化が気になってきたのでメンテナンスがてらノーマルに戻します

飛距離うんぬんは悪くないのですが、ラインの傷み具合がねぇ~



開けてみたところで、ちょっとグリスが固くなってきてました



で、これが例のパーツ、メッキがかかっていますがホール周りの面取りが足りないか...?



暇があったらSICガイドのリングでもはめてみましょ



内部もきれいに仕上げて完了です


******************

こちら↓、ブログ仲間が自作して送ってくれたスペシャルツール



レボのサイドプレートを外すツールです



ノーマルのサイドプレートは安そうなメッキパーツでした



使い方はいたって簡単、青い樹脂の部分がセパレートになり、両側から挟んで締めていくとあっさりと外せます





こういう加工技術を持っている人ってすばらしい~



今回はカラーではなく、LTXの黒銀のサイドプレートで仕上げました
[ 2016/11/05 17:00 ] ベイトリール AbuGarcia | TB(-) | CM(2)

アンバサダー1500の調整・・・クリックストップ

先日の東古屋で使っていて少々不都合を感じたので調整です



症状としては、ルアーの回収して巻き上げ後、垂らし10cm位のところで巻きを止めるとするするとスプールが逆回転して垂らし30cm位になってしまうというもの

また空回し時に、メインギアシャフトのクリックストップに合わせてカチカチと入れていこうとしても時々ヒトコマ、フタコマ飛んでしまう時がありました

最悪なのは、ヒットした後にハンドルから手を離すとスル~っとスプールが逆回転しそうになること、幸いにしてハンドルにして1回転はしないのですがそれでも30センチくらいは一瞬にして出て行ってしまうことがありました






機関部を開いてスタードラグ、ハンドルをセットして回してみます

左下についている爪が回転時には半分フリーに回り、止まって逆回転しようとするとコマに引っかかって止まるという機構です



当然ケースがついていないとここまで開いてしまいますが、通常はケースに側にあたって途中でとまります



メインギアシャフトを抜いてコマの部分をチェックしましたが、いい感じに当たっているように感じますが・・・

本来はハンドル1回転に対し14コマ分のロック位置が出るはずなんですが



とりあえずこちらの爪の部分のクリアランスを少し狭くして戻しました

まあこのリールの場合はワンウェイクラッチ付きのIARモデルではないのでこんな調整作業が時に必要になります

巻き取りの軽さを求めると隙間を開くし、そうなるとクリックにはまるまでの誤差が出やすくなる。。。シュクメイです

より実用性を求めるのであれば、IAR付きの1500、2500がおすすめなのは言うまでもありません(少々重量アップはしますが)

最悪はあの店に置いてあった中古のクローム1500(2台あって共に10,000円)のどちらかに手をだすか・・・
[ 2016/04/12 17:00 ] ベイトリール AbuGarcia | TB(-) | CM(2)

ABU1500c いじりを再開

ひと時集中していじりまくった1500cです

amb15c-IMG_0751.jpg

さすがにラバーのカバーは不要な陽気になりましたが、グリップしやすいのは良いですね

amb15c-IMG_0752.jpg


さてリールいじりのほうですが、先日届いたパーツを組み込みつつ、コスメを変えていきます


まずはこちらのパーツ、アベイルのカーボンクロスドラグワッシャーです

http://avail.jp/products/images/400_dwasher_cc_f.jpg


こちらのアイテムは、純正のドラグワッシャに比べ、滑り出しの特性に優れたカーボンクロスドラグワッシャに交換することにより、ライトラインでビッグフィッシュがヒットした時などに安定したドラグの滑り出しを可能にします

※ドラグマックス値は純正品より小さくなる場合があります。狙う対象魚やタックルなど用途に合わせてご使用下さい。

弊社製品に交換することによって、ドラグワッシャ周辺のパーツの摩耗が早く進む可能性があります。予めご了承下さい。…とあります

また、メインギアに合わせた各サイズがあるので、購入前に自分のリールにはどのタイプが適合するのか確認が必要です

amb15c-IMG_0754.jpg




まずは、機関部を開きます

amb15c-IMG_0753.jpg

メインギアを取り出して、下側と内側のドラグワッシャーを交換して完了です

amb15c-IMG_0755_2016040210073919c.jpg

コチラが純正のドラグワッシャーです、たしかベークライトのような素材だったような記憶が・・・
  ↓
amb15c-IMG_0756.jpg

このパーツに期待するところは、デカピンがヒットした時にドラグが張り付いて滑っていかない〜というものではなく、滑り出しがスムースになりパチパチ音が鳴り響くことです(笑)



それからそれから・・・これを探していました


ホントは1500のシルバーが理想だったのですが、入手したのは2500の両サイドカップでした

一部をマスキングしたうえで、ブラシでヒト吹き

amb15c-IMG_0750.jpg

SWブルーに仕立てました

以前一度見かけ、ガンナーのIMAEモデルのブルーを手にしましたが、やっぱりこのサイズのブルーが欲しかった(笑)

このあとクリアーを重ねて、表面をコートしておいたものと交換です

amb15c-IMG_0758.jpg

フレームをブラックでいくか、シルバーにするか迷いましたが、ブラックでもいい感じですね

amb15c-IMG_0759.jpg


どうでしょう?

こう見えてフル装備のアンバサダーとなりました

本  体:1500c #01001
スプール:Avail・AMB1520R+純正ブレーキ+オリジナルシュー
ギ  ア:Avail・ハイギアキットHGST 2500
ドラグ :Avail・カーボンクロスドラグワッシャー
ベアリング:Squat ゴールドベアリング1150x2
コグホイール:B-trap ダブルベアリング入り
レベルワインダーチューブ:ベアリング入り(B-trap推奨)
レベルワインダー本体:Avail・ウルトラライトレベルワインダー
ピニオンブッシング:Avail・13462ピニオンブッシングBBキット
ハンドル:ハネクラS字ハンドル?
オリカラペイント:クリアーブルー


となると一度はデカニジをこのタックルで仕留めたくなりますね(笑)

次回の東古屋ボート戦で登場予定です(巻きスピードが合うかどうかが心配です)
[ 2016/04/03 17:00 ] ベイトリール AbuGarcia | TB(-) | CM(0)

一応リールのメンテナンスを・・・Revo3SX

中禅寺湖…いつ行くのかは未定のままですが、一応リールのメンテナンスをしておきます



Revo3SXです



このリールに関しては、川用ではなく中禅寺用のイメージです
T3でも良いのですが去年パカパカを破壊してからはイマイチ使う気になれません



組み合わせるスプールはアベイルのMicrocast Spool RV338R(溝の深さ3.8mm、8lb85m)のスペックです


まずはハンドルから外していきます



機関部のネジを外して



ギア周り、リンク周りをチェック

いま付いてるギアはパワークランク6のギアなので、とりあえずそのままです



各部のオイル交換をします



巻いてあったラインは1号のPE(パワープロのオレンジ)で、去年使ったままでしたが一旦別のリールに巻き取って長さを確認(着水点+フォール分の長さが必要)してラインコートをしておきましょ



計測したらPEが75Mだったのでギリの長さかな

ラストはフロロリーダー8lbを結んで終了です

一応カーボンのハンドルに交換しております




お寺の前にテストしたいところ、4月中は東古屋のほうが間違いないんだけど...

[ 2016/03/30 17:00 ] ベイトリール AbuGarcia | TB(-) | CM(0)