アンバサダー Mag-Plus

ちょうど過渡期(迷走していたともいえる)のアンバサダー マグプラス(右)、いわゆるLITEシリーズのもの

lite-IMG_2439.jpg

当時価格で11800円という価格帯はエントリーモデル?

lite-IMG_2440.jpg

フロント部分に誇らしげに金文字で「GRAPHAITE」と書いてありますが、今でいうところのカーボン素材、どちらかというと樹脂製って感じです

ダイワのザイオンやエアメタルのような軽量感は全く感じず、密度が濃い感じですね

lite-IMG_2441.jpg

素っ気ないデザインと配色でチープベイトと言っても良いか?

lite-IMG_2442.jpg

リールのフットも同一素材でアッセンブリー:USA、89-1 90-91と打刻あり

lite-IMG_2443.jpg

パーミングカップを開くにはネジ系を4ケ外さないとスプールにたどり着かない

スプールの交換は頻繁にはやらないとしても面倒です

ちなみに「マグプラス」の名の通りにマグネットが入ってますが、この時代はフェライト磁石なので今どきにネオジムとは比較にならないほど弱いものです

ホルダー裏のプレートが2穴分空いているので強化は可能

lite-IMG_2444.jpg

スプールにはベアリングが1つ、反対側はブロンズブッシュ仕様

ちなみにスプールサイズは、直径36ミリ、幅23ミリ、互換のあるスプール探しが難しそう

lite-IMG_2445.jpg

ハンドル側もパーミングカップ同様にネジで開きますが、機能的にはほぼカバーと言っても良い状態

ここのキャスコンノブはドラグノブとのクリアランス、そしてハンドルとの距離感がかなり近く操作性はいまいちです

lite-IMG_2446.jpg

機関部をみると何とか押し込んだような感じに見えますね

IARではなくラチェットタイプのクラッチリターンなので、ハンドル部のガタというかカチャカチャが出やすいです

lite-IMG_2447.jpg

写真ではわかりずらいのですが、ピニオンギアを受けるのはスプリング1本

他にも細いバネが仕込んである

lite-IMG_2448.jpg

Eリングを外してシャフトを抜いてプレートを外しました



このパーツがクラッチのリンクですが、機能的にはオフに動いたら元の位置に復帰してしまうので、単純に押し込むだけの機能しかないです



メカニカルパーツの展開ですが、部品点数はかなり少ないです



機能確認で組み上げた図です



そして別角度から






良くも悪くも過渡期のリールです

この後に来るレボエリートに繋がる面もあるし、いわゆるクラッシックな丸型の面影も残っています

スプールの深さや外径のサイズからいっても、軽量ルアーというよりも1/4oz以上のものをバゴーンとキャストする用でしょうか

IARが付いてないのでミノーの様なストップ&ゴーのリーリングよりも巻き続けるスピナベやナマズトップでは使えそうです
[ 2017/02/23 17:00 ] ベイトリール AbuGarcia | TB(-) | CM(2)

アンバサダーカスタムのテスト

さて先日届いたオリジナルマグブレーキを搭載したのはアンバサダー1500cでしたが、同じものがもう1セットいただいたので久しぶりに登場の1601IARにも取り付けました



但し、このリールの場合は、真冬は相当冷たいのでテストする日を選んで投入します


スプール周りは既にアベイルカスタムなので、ルアーウェートは問わずなのでマグにすることで更なる快適度アップを狙います

左ハンドルなら何でも出来るが、右ハンドルはちょっと苦手なのは相変わらずです


まずはクランクを投げてブレーキチェックを始めましょう

amb-IMG_2419.jpg

クラーピー、パニクラ辺りをマグ6個だと明らかに効きすぎですが、初回のキャストとしてはマグブレーキ特有の効いてる感がなんともうれしいものです

数回同様にキャストをしつつキャスコンなどもいじったりして飛距離の伸び具合を確認しておいて開きます

amb-IMG_2420.jpg

マグ6個から一枚ずつ抜いていって4枚でとりあえずOKを出しましたが、ブレーキはまだ強めです

amb-IMG_2421.jpg

試しにツブアンなぞも投げてみましたが、バックラ無しで飛びましたがこんな距離ではダメ、まだブレーキが強いようです

スプーンも投げてみましたが、もう一枚マグネットを減らしたほうが飛距離が出やすく扱いやすそうですね

シャーっと飛んでピタッと止まる・・・そんなリールになりました





続けて1601IARです


こちらは左ハンドルなのでミノーを試してみました

amb-IMG_2422.jpg

ブルー15cとの違いはマグプレートの形状でして、コチラの方はほぼふさがっているのでブレーキがより強く働きました

なのでどんどんマグネットを外していって3枚です

続けてスプーン・bean2g

amb-IMG_2423.jpg

まずまずの安定飛行ですね

ロープロのシャロースプールとは一味違う飛び具合です



まだまだセッティングの余地が残っているので、マグプレートのサイズを含めて調整をすれば驚くような飛距離も可能になりそうです

うまく行けば東古屋でスプーンを投げるのに活躍してくれるかな~
[ 2017/02/15 17:00 ] ベイトリール AbuGarcia | TB(-) | CM(2)

アンバサダーカスタムパーツが届きました

日ごろ情報交換をさせていただいている黄色い鮎が好きさんよりカスタムパーツが届きました

同氏の凄いところはカスタムパーツを自作してしまうところ

今回届いた物は・・・

amb-DSC_1011.jpg

同氏のブログでも紹介されていたアンバサダー用のマグホルダーとハンドルシャフトをベアリングインしたときに使うワッシャーです

amb-DSC_1012.jpg

マグホルダーの取り付けに関する資料や・・・

amb-DSC_1013.jpg

説明書までついてきました(ほんとに助かります)

理系の人はこういうところがしっかりしているので良いですね
私のような文系人間は、感覚的なもので表現するのでいまいち伝わらないことが多々あるかと思います(反省)




さて、それでは一丁トライしてみるかと始まりましたのはマグユニットの取り付けです


アブあるあるなのが遠心ブレーキのシューが現場で開いて落とすとまず見つからない(笑)

水に濡れるとシューが動かなくてブレーキが利かない(笑)

そこを補完するのが今回のマグユニットなるわけです


このサンプルでは、マグネットをホルダーの裏側で支えるパーツがないのでレボ系のホルダー裏のパーツを流用するか自作とのことでしたので、レボから外すのが面倒なので自作することにしました

amb-DSC_1015.jpg

まずは型取りです

ユニットの裏のスリットに合わせてマスキングテープに転写しました

amb-DSC_1014.jpg

続けて用意したのはサントリーのボスの空き缶の底

缶切りで底を切り出しておいて、型紙を張り付けて切り出しです

※作業時にバリなどで指を切らないように注意です

amb-DSC_1016.jpg

結構薄いので簡単に切り出せました

amb-DSC_1017.jpg

ユニットの裏に切り出したプレートを刺して表側に5mm径のマグネットを配置します

当然プラスマイナスを交互に配置します


さて取り付けるリールです

amb-DSC_1018.jpg

同氏は2500でしたが、私が用意したのは1500cです

ブレーキ周りのサイズは共通なのでこちらにも取り付け可能

amb-DSC_1019.jpg

ノーマルスプールであればマグの働く部分がふさがっているのですが、こちらはAvail社のシャロースペシャルなのでふさがなくてはなりません

そこでアルミ板を使ってプレートを自作します

こちらも柔らか素材なので簡単に切り出しておいてシャフト用の穴をあけてスプールに仮付けします

ちなみにプレートの重さは0.8g、シャフトの穴を大きくすれば更に軽量化が計れます


amb-DSC_1020.jpg

ユニットを機関部側のブレーキ部分にはめ込んでセット完了です

はめ込み部分がかなりしっかりしているので緩む心配はないですね



さてこれでマグブレーキユニットの取り付け完了、あとは実釣りでチェックするのみです



****追 記****

ハンドルシャフトへのベアリングインに関しては、なかなか現状では見つからないサイズのベアリングなのです

1380規格(内8x外13x厚4)は、国内規格では見つからないし海外でも相当珍しいサイズのようです

噂では、昔のウルトラキャスト系で使っていたようですが、我が家にあるリールには入ってないようで・・・

なのでこちらは入手次第でチャレンジしてみます
[ 2017/02/08 17:00 ] ベイトリール AbuGarcia | TB(-) | CM(2)

やっぱり経年変化には弱い・・・PIXYサイドカバー

シルバーピクシーの続きですが、前回の記事の段階で気づいていたサイドカバーの亀裂

px-DSC_1023.jpg
上がアルファスtype Fで下がシルバーピクシー

その後メンテナンスしようとマグホルダーを外したら。。。固定用のポッチ二個ともボッキリでした



px-DSC_1024.jpg

都合三ヶ所がNGとなってしまったので部品取りに置いておいたアルファスの中古のサイドカバーに入れ替えです


因みに多少デザインに違いはありますが、マグホルダーをそっくり入れ替えればアルファスとピクシーは互換ありです
マグホルダーの部分はスプールサイズにあわせないといけません


当時の樹脂の性能?というか耐久性というか??薄い部分は特に注意が必要です

ショップであればサイドカップを開いてマグダイヤルの裏をチェックしましょう、万が一亀裂があったらそう長くはないと思って値切り交渉です(笑)

ヤフオクなどでは見ることができないので、出品者に質問して確認することをお勧めします

px-DSC_1025.jpg

既にシルバーピクシーのサイドカバーは生産終了なので、流用するにはアルファスかPX68のサイドカバーを用意して再塗装しかないですね

sl-pxcy.jpg


sl-pixy2.jpg

アルファスのタイプFのシルバーは、ピクシーよりもくすんだ感じのシルバーなので貧相に見えてしまう??

何れにしても旧型でパーツが入りにくくなってきたリールはそれなりの覚悟を持たなければ手を出さないのが良いでしょう

さもなければ格安ジャンクリールでパーツをストックするか少なくとも互換性のあるリールを所有しておくことです

その点ではアンバサダー(丸型)は良くしたもので20年ものでもまだまだ使えるというありがたみに感謝です\(^-^)/
[ 2017/01/24 17:00 ] ベイトリール Daiwa | TB(-) | CM(0)

あまりにもネタが無かったので…

フィッシングショーが始まりました

私は行けたら群馬のショーに行こうかなぁと思っていますが、数年前にいったときはどか雪が降った後だったなぁと思い出します


さて、一月の半ば過ぎだというのにたいしたネタもなく寂しいのでリールのメンテナンスでもとご紹介

ダイワ・リベルトピクシー(シルバー)ですが、あるルートから格安でいただきました

しばらくメンテナンスしてないとのことでしたが、やはりというか油切れの症状がでてましたね


まずは一気に分解



かなりの汚れ具合、ハンドルノブはキーキー言うし、一部ベアリングは固着状態でした



機関部の様子では水没の可能性ありです



ギア周りもカピカピでオイル切れの状態



キャスコンの中に着いているベアリングは完全に固着していたので破砕して取り出しました




ここでパーツクリーナーのなかで入浴です



いやーかなりのものですね



ジャブジャブにしておいて容器にシェーバーを軽く当てて簡易型音波洗浄機かわりに(笑)

意外と汚れが落ちます




フレームもパーツクリーナーを使ったあとにダメ出しのハンドソープと歯ブラシでお掃除しました

あとは組み立てるだけですが…



マグダイヤルの裏に亀裂を発見!嫌なものを観てしまった

とりあえずノーマルパーツで組み上げで完了



ノーマルハンドルは2BB仕様だったので、ここは交換したい

ほかのベアリングは一度テストしてからダメなところは交換しましょう
[ 2017/01/21 17:00 ] ベイトリール Daiwa | TB(-) | CM(4)