東古屋用タックルの準備(フライ)

おそらく今シーズンも丘釣り中心になると想定してタックルを準備


やっとキャスト練習も始まった

丘からならば#5/6のスイッチロッドとk.blitの1206DHで良いかと考える

ラインはスイッチ用、DH用にフローティングとICラインがあるので、これもOK

できればタイプ2もと思ったが、飽きっぽい私には沈めるラインを引き続けるのはかなり厳しいので、かえってタイプ1程度の沈みのICで丁度いいくらい(中禅寺湖でフライを振るわけではないしね)


ちなみにボート用にはシングルハンドの#7のレビューか赤文字スペースシューターで、表層用には#6のセージかな



さて、問題はフライとなるわけだ



去年の残りモノをざっと見た感じでは、東古屋用はまずまず有るかな

湯の湖はまだ先の話にしても充分か…

そうは言っても少しずつ暇を見て巻きましょう
[ 2017/03/05 09:25 ] マイタックル | TB(-) | CM(0)

東古屋用のタックル準備(ルアー)

ルアーの部

ロッドは、基本ベイトフィネス用のVOLKY65ULとトリックトラウト60UL



同じULでも性質は真反対に近いもの

ピンピンパンパンに張り詰めたBFロッドは、PEラインでミノー、それと重いスプーンで使いたい

反対に多少もっさりとした感じはあるがスモールスプーンも扱えるトリックトラウトは5gまでのスプーンの巻きの釣りで狙いたい

それと去年も良かったキャスプロSSはもともとバスロッドのライトタックルだけど汎用性が高く、トリックトラウトより少し強いロッドといったところ、もちろん今シーズンも使いたい




リールは、数ある中でどれを使うかは気分的なものもあるが、ここではハイギアは使わないだろうと思う



58ギアを基本に、アルファスとピクシーシリーズで充分ではないだろうか

あとはアンバサダーの15c辺りは出番があるやもしれない




ラインは、基本が4~5LBのフロロライン、ここは去年と変わらないだろう

管釣りで使ったエステルラインもなかなか捨てがたい感度なのだが、太さがないので残念

PEラインはミノー用に使うが06~08号、こちらの場合はリーダーが必要になるので、手間かと言えば手間だ




ルアーは、スプーンを3.5~10gで用意



放流カラーは少々(あまり期待していないが、広いのでどこかに放流残りが居れば…)、ナチュラルカラー、ダーク系を中心に回していく

ポイントによってはカーブフォールができるところでは軽めのMTレイクスかフロントレイクあたりを…

ミノーは、サクラマス用の動きの良いもので80mmクラスとニジマス用にタダ巻きアピール系で用意


まあこんな感じかな



[ 2017/03/05 09:24 ] マイタックル | TB(-) | CM(0)

テスト&チェック

とりいそぎテストしました

エリアユニゾン改にイエローピクシー・エステル04号でロッドをチェック

test-IMG_2454.jpg

リールシート、リアグリップを交換したのでロッドのハンドリングは改善されました

それによってキャストのコントロールが良くなりました

キャストのコツを掴んでからは(極小ルアーはダメですが)、そこそこの重さのルアーでかっ飛ばすのは面白いですね

こちらのリールはドラグのセッティングが決まっているので安心です、細いラインでも走られればドラグクリッカーの音を頼りにラインを出していけます


この時期、春一番以降は風があっても気温が高いので水の中も虫達が動きだしています

サイズの小さいユスリカもだんだんに大きくなり、風で飛ばされたゴミのようなものにライズしていたりして、トップが熱くなってきてます

test-IMG_2451.jpg

ちびっ子たちのライズはやっても…ですが、良いサイズであればヤラナイ手はない

トーピードでパコーンとヒットです
バイトの数ほど乗らないのがまた面白いんだなぁ


続いてアンバサダー1601のマグブレーキです

test-IMG_2449.jpg

黄色い鮎が好きさんから送ってもらったユニットを詰めるべく、ネオジムの厚さを薄くして4枚、これで決まりですね

test-IMG_2450.jpg

ブランクスルーのロッドだったのでパーミングがしずらかったものの、リールそのもののセッティングは決まりました

遠心ブレーキの音がないかわりにスルスルと飛んでいきます

場合によってはネオジム3枚でも行けそうですが、今後使いそうなのは湖なので少し重めのルアーに合わせておきましょう

アブをいじりだすとクラシックリールを使いたくなりますね




続けてRay's スプールを入れたスティーズ、0.35号のエステルラインを試したい

と、ところがラインを通そうとクラッチを切ったら…いきなりスプールが逆転、バックラッシュです

降ろしたてでまだワンキャストもしていないのに…

無理に引っ張るとすぐに切れそうなので少しずつ伸ばしていって、傷んだ部分をカットしましたが、10m弱はロスしたかな

test-IMG_2452.jpg

折角細いラインを巻いてあるので軽めスプーンを巻きました

感度はともかく細すぎてラインが見ずらい・・・(笑)

test-IMG_2453.jpg

細いラインでやるにはドラグのセッティングが決まらないと厳しいです

トラウトが走りだした時に滑ってほしいのにラインが出ていかないジレンマです

幸いにしてロッドが柔らかいので多少の時間的余裕があるのでその間にクラッチオフで対応してますが、走りを止めてしまうとラインブレイクしそうで怖いですね

管釣りとはいえ、ベイトではエステルは04号までかな




本格的な湖に向けて徐々にですがラインの見直し、ルアーの整理の必要な時期に来ましたね

東古屋では04号はないので4LBフロロか06PEに巻きなおし、スプーンも5g以上を扱えるようにしないと...

ロッドはBFロッドとティムコのトリックトラウト・スパイラルガイドでいってみよう

大きめミノーをしばらく使っていないので、そちらが少し心配です
[ 2017/02/25 17:00 ] マイタックル | TB(-) | CM(0)

ティムコ・トリックトラウトTR60CUL-2

ということでロッドを試ししてみるとしようかな

あまり時間がないので2時間を使ってチェックを敢行



セットアップリール1は、ダイワ・リベルトピクシー+FSS+04PE

tr60-DSC_0996-400.jpg

スプールのスペックが見劣りするが、このリールがロッドと同時代かと思うので・・・

リール2は、シマノ・15アルデバラン+KTFスプール+アベイルマグ+3lbフロロ

tr60-DSC_1000-404.jpg

安定の15アルデ、今時リールだが相性は問題ないか?、キャストにおいては超遠投でなければ非常に使いやすい



テストに使うルアーは、

スプーン系:1.7g~2.8g
クランク系:クラーピー、ツブアン
トップ系:ベビーポッパー、Microレッドペッパーほか



まずはピクシーからスタート

tr60-DSC_0998-402.jpg

スプーンを2.8gのミューから始めて1.7gのギルガメッシュまで投げてみたが、そこそこの距離が出て釣りのできる範囲ではあった

2.8gはもう少し飛ぶかと思ったがロッドスペックの下だから止むをえまい、次回もう少し広いところで3g超を投げて遠投性を見てみたい

しかし今回は時間が少なかったこともありリールのセッティングまで詰められず、ブレーキがイマイチだったことがザンネン

ロッドに戻るが、スプーンの巻きものもまずまず、本来の用途とは違うのかもしれないが、私的にはロッドは専用ではなくバーサタイルに使っていく主義なのでスプーンもありということだ


続いて15アルデに交換

tr60-DSC_0999-403.jpg

こちらではクランクを投げてみたが、飛距離はクラーピーは問題なく、ツブアンはもう少し飛ばしたい

テールウォークのルシファーはもっと柔らかいがもっと飛距離は出てたと感じたので、ロッドスペックの下を行くルアーでの飛距離は求めてはいけないということか

巻きの感度は悪くない、バイトは弾かないが割とロッドが曲がる感じで乗せと掛けの中間くらいか



トップウォーターではロッドのしなりを使ったチマチマアクションもいい感じ




インプレとして、良い点は

ファイト中にティップ側でラインがブランクに触れる心配が無いことか…
tr60-DSC_0997-401.jpg

もっとも普段からファイト中はロッドを左に90度回しているので問題はないのだが

そこそこサイズがヒットしてもブランクにトルクがある(当方所有のほかのロッドと比べての話)ので安心感があり、ベンディングがきれいだった

前述したが割とオールマイティに使えそうな感じ


逆に悪い点は、

スパイラル故に途中からラインがブランクの影にまわってしまうところ
tr60-DSC_1003-405.jpg

気にしなければそれまでだけど、途中のラインが見えないとちょっと不満

合わせがすっぽ抜けたときにトップガイド下にラインが絡むのはやむを得ないのか・・・KTガイドを使ってからはあまり絡まなくなったので余計気になる

日中の気温が高かったため冷たさは感じなかったが、これがラインが凍るようなときは一段と効くのだろう

全体としてガイドの重さを感じるから軽量ガイドに替えれば振り抜きはもっと良くなるだろう





改造の見通しとしてはやはりリールシートに尽きる

これから冷たい時期になるとリールのパーミング自体が辛くなるのに、さらに金属のリールシートはヤバイ

チャンピオンハンドル仕様という手もあるが、冷たいのは一緒なので却下する(キャスパーハンドルかレジオンハンドルを使う手もあるが)

その際はリアコルクを削る(コルクの形状は気に入ってるので惜しい)か、フロントコルクを削る(ガイド3個外すのが面倒だ)か迷う

ガイドについては軽くしたいところだが、まあ慌てなくても良いかな

[ 2016/11/21 17:00 ] マイタックル | TB(-) | CM(0)

ベイトいじりをそろそろと…

気が付けばもう金曜日です

今度の日曜は久しぶりの仲間が十数人集まっての釣り堀大会なのにろくに準備ができてません

一番の悩みどころはタックルの選択

ロッドはどうするか・・・

リールはどれにする?

そしたらラインは~??

そんでもってルアーのセレクト・・・・・・( 一一)




もうやること一杯なのに忙しくて時間が足りません

フライならば湯の湖のセットで十分間に合うはずなんですけどね~


とりあえずヤフオクでゲットしたコレ
   ↓


ダイワのPX-SPRの純正ハンドル



ダイワ・ABU系は基本revo系のオフセットカーボンをつけては来ましたが、ノブの選択肢が少ない(シャフトが太くてダメ)しそれ用のBBもゲットするのが面倒なこともありコレを入手しました

シルバーのアームなので黒ボディーやシルバーボディーならばいいでしょう


それにしても準備が~~~
[ 2016/10/07 20:00 ] マイタックル | TB(-) | CM(0)