トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール

ozechi

Author:ozechi
北関東は栃木でベイトタックルを使い釣りをしています

ターゲットは、トラウト、ナマズが中心

フィールドは、渓流から湖沼、管釣り場まで幅広く

カスタムしたベイトタックル、オールドなリールを使うことに至極の愉しみを求めていきます

訪問者

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
16位
アクセスランキングを見る>>

リンク

RSSリンクの表示

ロッド改造の方向性

このロッド、5フィートなので約1500ミリです



グラスロッドなので、ノリは悪くないし、ブランクの設定では1/16~となっているので渓流ルアーならば一通り使えます(先に作ったもので検証すみです)


で、まるっきり同じロッドを作っても面白くないので、今回はセパレートハンドル仕様にしてみましょう

チャンピオンハンドルの場合、全長が概ね10インチ(25センチ)位



フルに5フィート(グリップ部分まで)をブランクとしてを使うと、ロッド自体は5フィート10インチの長さになりますが、ここまでのレングスは必要ないでしょう

問題はバットエンドを何処まで使うか…

バットフェルールの咥えを2インチとしたならば、バットエンドを相当分カットでき、さらに短くすることも可能です

曲げた時のベンディングが良ければOKなんですが、ブランクを伸ばすことで支点がかわるので、より曲がりやすいロッドになるはずです

で、今回はリールシートの上でカットします



これでセットアップすると、全長が5.2フィート位になります

あ!ハンドルはオールアングルになりますね



さて、ガイドはどれにしようかなぁ~

小径ガイド、KTガイド、トルザ…

数も検討要素ですね
FC2 Management

ニホンメノ…ロッド

釣りをしない期間に、モラムZXをゲットしたのとほぼ同時期にこれもゲットです



二本目のクワトロQVS-5000です



パームスのVグラススピニングロッドの5フィートモデル
1/16~5/32oz、2~4lb


もちろんスピで使うわけではないので、まずはヌードにしましょ(笑)


グリップをバリバリと外します



ガイドも外しまして




スレッドの跡は例の割り箸磨きでキレイにしときましょう(^^)



とりあえず今回はここまで

どんなロッドにするか…よ~く考えよう♫

盆明けの渓流は…

盆中は、渋滞と釣り人の多さで休むことなくお仕事してましたので、ここに来て休みをいただいて行ってきました

シーズンとしては残り一ヶ月とちょっとですからね、行けるときに行っとかないと…

この時期は、川辺で纏わりつくアブが厄介ですねぇ、車を降りると同時に飛んできました(・_・;





さて、これまでは遊びすぎでしたので、満足の一本が出るまではガチタックルで行きますよ(笑)



ということで、エゲリア53LとLTZ(アベイル産ハニカムスプール)の組合せです

さすがにコレにPEラインをセットすると感度がかなり違います

ちびっ子バイトまでコンコンと来ます(笑)  まあノリはしませんがね


さて現地入りが11時、まずは本流からスタートしますが、ピンカンでは反応がイマイチ、ヒットしても食いが浅く抜けてしまいます
連休明けでプレッシャーが抜けていないのもあるでしょうね

以前デカイワナを釣ったポイントの前後を試しますが、本命は出ず・・・



水量ももう少し多いかと思ったのに、どうも一気に減ったようです(岸際には増水のあとはしっかり残ってました)

ここではなんとかイワナを一匹キャッチです



本流では日陰が少なく、背中がジリジリ、アブがブンブンなので日陰のある沢へエスケープ



この沢も前回来たときは蜘蛛の巣だらけでしたが、細いクモの糸だったので、連休中に人が入っていたようです


ここれでは竿抜けか深みだなぁ~と狙い場を決めて…



でた!尺までいかないけどまずまずのヤマメです



白泡からすっ飛んで来ましたよ(笑)



このサイズは瀬のなかからそれなりに出ますが、これではないんですよね



ヤル気スイッチが入っちゃったイワナ君、4回もバイトしてやっとヒットしました(笑)



ラストのイワナも寸足らず、もう少しだったのに…



それにしても今回は随分魚を落としました

一回り大きいイワナもヒットしたのに、ポロリしちゃうし、合わせたらすっぽ抜けるし…

まだまだ修行が足りませんね(笑)

バイトでガツーンと来るのを期待したのですが、ルアーをアクションさせた時にその近くでキラッとくるので追い掛けてはいるんですが、口を使わない感じでした

高速ギアでガンガン巻いて、さらにアクションを連続させるとイワナは追いつきませんでした

ロッドはともかく、次回はアルデMGあたりで少しスピードダウンさせた方が良さそうです(水量次第ですが)

とりあえずZXカスタムの第一歩

ZXの不満部分の解消として、まずはハンドル周りから

ZX1601-IMG_8051.jpg

スタードラグをオフセットへしたいのですが、手持ちで使えそうなのがコレ

hg-cb-st.jpg

ヘッジホッグのカーボンオフセットですが、手持ちがブルーしかありませんでした(というかなんで持っているのか・・・)

ZX1601-P1010721.jpg
ノーマルが8.8g
ZX1601-P1010722.jpg
4.8gなので4gの軽量化(あまり変わらないか・・・・)

一応ネットでレッドがないものか探ってみたものの、今のところ販売してないようですね(ザンネン)
気長にレッドを待つか、ブルーをブラックペイントしてしまうかですね

シマノ用のものを入れたので、ドラグ操作時もカチカチと操作音が出るようになっています



ZX1601-P1010719.jpg


それと、重いストレートハンドルからカーボンオフセットへ

ZX1601-P1010720.jpg
ノーマル33gから22gなので10gの軽量化です

モノはレボ用でノブはALTのエバ一応色合わせです(笑)

ZX1601-P1010718.jpg

この2点を変えるとリール重量がアンダー200gになります

今時のロープロにはかないませんが、少しでも軽量化しておかないと、疲労度が…



一応ノーマルスプールでRYUKI45sをキャストしてみました

ロッドは例の赤いヤツです

PEラインをハーフまで巻いてみましたが、ノーマルでもキャストできなくもないが…(・_・;

ピンで撃っていくにはスプールの初速を上げないと厳しいですね
ピン撃ちが決まらないと、ヤブなどに撃ち込むかポイントを潰しかねません (^_^;

大きく振って遠投するならば、ワンサイズ大きいものならノーマルスプールでも使えそうです
そういう意味では、湖用であればこのままでも十分か・・・

まあストレスを感じながら使うならば…です(笑)

ABU Morrum ZX1601C IVCB4

モラムZXの恒例のOHをやりましょう

まずスプールの重量測定
ZX1601-IMG_8054.jpg
13.6gですが、ちょっと私的には使いづらい重さです
かつ深さももっと浅いのがいいですね
早々にアベイルさんのを手配したいところです


それでは本体へ移ります

機関部をフレームから外し、重量測定
ZX1601-IMG_8055.jpg
この状態で約70gです

対してハンドルを外した機関部側が95gですから、重心はかなりハンドル側に来てますね
ZX1601-IMG_8056.jpg

おまけに前のオーナーが付けたハンドルが・・・
ZX1601-IMG_8057.jpg
33gですから、ここは軽量ハンドルに替えたいところです

スタードラグを外しました
ZX1601-IMG_8058.jpg
音出し機構は従来通りです

ケースを外した状態です
ZX1601-IMG_8059.jpg
この機関部を取りつけているベース部分が樹脂だったとは思いませんでした(笑)
ネジもビスを使っているので、締め込むときは注意ですね

ケースがアルミですが、この質感はなかなか良いです
ZX1601-IMG_8060.jpg

メインギアを外し展開しました
ZX1601-IMG_8061.jpg
なんとなくダイワのアルファス系の構造にそっくり(というかウリフタツ)

メインギアとピニオンのセットです
ZX1601-IMG_8063.jpg
これはブラスなのか、結構重いですね


機関部のパーツをさらに外しました
ZX1601-IMG_8065.jpg
結構なグリスまみれです

すべての部品を外しました
ZX1601-IMG_8066.jpg
パーツクリーナーを使ってキレイにしましょうね

こちらパーミングカップを外したところです
ZX1601-IMG_8067.jpg
こちらの取付ベースは樹脂でした

パーミングカップもアルミ製
ZX1601-IMG_8068.jpg
ちょっと傷が多いのですが、そこは気にせず行きましょう(笑)


IVCBユニットを外したところです
ZX1601-IMG_8069.jpg

フレーム単体重量は33gでした
ZX1601-IMG_8070.jpg

こちらはレベルワインダーの展開部です
ZX1601-IMG_8071.jpg
2BBの仕様でしたが、キャスト時にレベルが連動する訳ではないので、巻き心地位にしか影響しないでしょう

IVCBのプレート部です
ZX1601-IMG_8072.jpg
アベイルさんのHPでは、SXのウルトラマグのパーツを使ってマグ化する方法が乗っていましたね

クラッチのカムです
ZX1601-IMG_8073.jpg
先端部が少し立っているのが気になります


一応全バラシ完了です
ZX1601-IMG_8074.jpg
この後はグリス・オイルを交換して組み立てです


スプール、ハンドル、スタードラグが交換対象でしょうか・・・

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: