アンバサダー Mag-Plus

ちょうど過渡期(迷走していたともいえる)のアンバサダー マグプラス(右)、いわゆるLITEシリーズのもの

lite-IMG_2439.jpg

当時価格で11800円という価格帯はエントリーモデル?

lite-IMG_2440.jpg

フロント部分に誇らしげに金文字で「GRAPHAITE」と書いてありますが、今でいうところのカーボン素材、どちらかというと樹脂製って感じです

ダイワのザイオンやエアメタルのような軽量感は全く感じず、密度が濃い感じですね

lite-IMG_2441.jpg

素っ気ないデザインと配色でチープベイトと言っても良いか?

lite-IMG_2442.jpg

リールのフットも同一素材でアッセンブリー:USA、89-1 90-91と打刻あり

lite-IMG_2443.jpg

パーミングカップを開くにはネジ系を4ケ外さないとスプールにたどり着かない

スプールの交換は頻繁にはやらないとしても面倒です

ちなみに「マグプラス」の名の通りにマグネットが入ってますが、この時代はフェライト磁石なので今どきにネオジムとは比較にならないほど弱いものです

ホルダー裏のプレートが2穴分空いているので強化は可能

lite-IMG_2444.jpg

スプールにはベアリングが1つ、反対側はブロンズブッシュ仕様

ちなみにスプールサイズは、直径36ミリ、幅23ミリ、互換のあるスプール探しが難しそう

lite-IMG_2445.jpg

ハンドル側もパーミングカップ同様にネジで開きますが、機能的にはほぼカバーと言っても良い状態

ここのキャスコンノブはドラグノブとのクリアランス、そしてハンドルとの距離感がかなり近く操作性はいまいちです

lite-IMG_2446.jpg

機関部をみると何とか押し込んだような感じに見えますね

IARではなくラチェットタイプのクラッチリターンなので、ハンドル部のガタというかカチャカチャが出やすいです

lite-IMG_2447.jpg

写真ではわかりずらいのですが、ピニオンギアを受けるのはスプリング1本

他にも細いバネが仕込んである

lite-IMG_2448.jpg

Eリングを外してシャフトを抜いてプレートを外しました



このパーツがクラッチのリンクですが、機能的にはオフに動いたら元の位置に復帰してしまうので、単純に押し込むだけの機能しかないです



メカニカルパーツの展開ですが、部品点数はかなり少ないです



機能確認で組み上げた図です



そして別角度から






良くも悪くも過渡期のリールです

この後に来るレボエリートに繋がる面もあるし、いわゆるクラッシックな丸型の面影も残っています

スプールの深さや外径のサイズからいっても、軽量ルアーというよりも1/4oz以上のものをバゴーンとキャストする用でしょうか

IARが付いてないのでミノーの様なストップ&ゴーのリーリングよりも巻き続けるスピナベやナマズトップでは使えそうです
[ 2017/02/23 17:00 ] ベイトリール AbuGarcia | TB(-) | CM(2)

そろそろ準備するか?…フライフィッシング

しばらくフライロッドを触っていない…

気づけばもう20日、一週間で月が替わりこのまま解禁になって大丈夫?かと少し不安になるこの頃です

相棒は2週続けて白河フォレストに行ったみたいが、ヘタレ野郎な私には那須どころか宇都宮以北はちょっと・・・"(-""-)"

普通にシングルハンドを振る釣りはもう十分やった感もあり、今フライでやりたいのはスイッチかDHのキャストなんですが、管釣り場ではシングルハンドでないとNGなところがほとんど

また自分がフライを振るのは基本的には東古屋と湯の湖の陸釣り(ボートでやらないわけではないがシングルでないと危険なのでね)と決めているのでね



そこで少し自分に刺激を入れるためにラインを新調

3M アトランティックサーモン・SWT5/6IC



このラインならばシングルハンド#7~8でもロールアップできるし、シーズンに入ればスイッチロッドでも使えます

それとDH用で既にICを使っているので、沈み具合は予想の範囲内

取り敢えず売り場で両端のループをブレイドに交換済みです



ロッドは既存のもので対応しておいて、ラインも準備できた

去年巻いたラインのチェックをしなくてはいけないし(巻かれたラインが何なのかを把握しなくては)、風がなければ少しづつフライの時間を増やしましょうかね^ ^

と、言いつつもベイトロッドをいじったり、アンバサダーをやったりと、なかなかフライをやる暇がない…(笑)


東古屋の自分的解禁日は、3月の彼岸明けだから約1か月の余裕があるはずなんだけど、何回テストできるか...そもそもキャッストできるか?
[ 2017/02/21 17:00 ] タックル考察 | TB(-) | CM(0)

まずはガイド交換、そしてテスト

もったいぶらずに今回はさっさとやりますよ!なっといっても5000円の中古ロッドですからね~



作業そのものはいつも通りなので割愛

オリジナルで着いていたチタンフレームガイドです、トップガイドを除いて5グラム弱はどうなんだろうか?

流石にダイワでなければカーボンフレームガイドは無理だけど、スピニングの場合はリール以外に重いのがぶら下がっているんだなぁ~という感想




ちなみに交換用に用意したガイドは、一個増しで1.6グラムでした?(あれ?間違ってる~??もうロッドについちゃったから測れない…)

こちらの場合はロッドの上面に着くし、フットの高さがないからおのずと軽量化にはなるのだけれど・・・

理屈ではガイドが軽くなればロッドの感度は上がるというのが、定説



今回のラッピングは茶色で仕上げました

tst-DSC_1029.jpg

オリジナルがグレーだったので同色でも良かったのですが、なんにしてもブランクカラーそのものが目立つのでここは地味目で

tst-DSC_1028.jpg

いまだグリップはスピニングのままでして、いろいろと考えてはおります

tst-DSC_1030.jpg

メガバスのエリーゼのグリップと並べてみたりして・・・

オリジナルのアンダー100gのロッド重量の理由の一つがこの部分なので、軽量ロッドとするためには頭の使いどころです

さてどうしようかなぁ


と、いいながらスピニングのグリップのままテストしちゃいます



ちょうどフロントグリップ下の凹んだところでうまいこと握れました


おや、また合いましたね伊藤さん

バイトの出方はスピニングの時とほぼ同じ感じ

そもそもガイドの位置はティップ側は同じ場所でフットを径を下げただけ、だからティップの動きは基本変わらない

バット側はストリッピングガイドは迷わず変えなくてはならないので、リールとの距離感を見つつWフットガイドにして、その上のガイド位置を調整しただけ

ルアーウェートが1.5~3.5g位かな

マイクロ系ははなから諦めてやらない!

ミノーのジャーキングは思った以上に動かせないのでやらない!

ボトム系も面白いけど、ハイギアでないとやりづらい!  といったところ



注意するところは、キャストの時にロッドのガイド面で振らずにガイドを回してウェートを乗せて振り抜くこと

ちゃんとキャストできてれば問題なし!(オーバーヘッドでグリップを90度回せてればOK)

それとヒットしたら同様にグリップを回してガイドの面をトラウトに見せるようにすれば問題なし(回さないとラインがガイドの下に入ってしまいブランクに触ってしまう)

ということです


それでグリップ交換



アンドリューのリールシート&コルクグリップ



部品箱をひっくり返したら出てきました(笑)

どんだけあるんだ…


制約はあっても使って面白いロッドになりそうです
[ 2017/02/19 17:00 ] ハンドメイド ベイトロッド | TB(-) | CM(0)

イジル前のテスト

さて、管釣りのシーズンもいよいよ終わりが見えてきたので、来季に備えるためにはさっさとテスト、加工をやらなくてはいけません

ということで管釣りでテスト



もちろん最初はスピニングです

月下美人MX2004にエステルライン04×40m、リーダーに2lbフロロを結んで巻き勝負です

久しぶりにスピニングを使うとキャストのリリースポイントがイマイチつかみにくく、天ぷら、ショートの連発で…٩( ᐛ )و



それでもなんとかキャストが出来るようになったので、スプーンの色合わせに集中です



しばしローテーションしつつヒットルアーを発見し、無事にファーストキャッチ成功

このロッドははやり思った通り、バイトからアワセの間に一瞬の間が取れるので、慣れればかなり乗せやすいと判断

前アタリやトラウトのチェイスで心の準備をしておいて、おもむろに合わせるようなイメージ

もちろんスピニングなので、普段使いしない09g辺りのスプーンでトップ下も試してみました

なるほど…と思うところはありますが、個人的にはマイクロスプーンはトラブル多くて面倒なものなので、これはまあいいや…

風が強いとティップが流されてしまいますが、ルアーを咥えたトラウトの重さでティップがスッと入るのでラインと一緒に見ていると合わせやすいですね

テイルウォークのルシファーよりティップ側が柔らかく感じました

他の張りのあるロッドではツンツンとは感じても乗らないアタリが拾えます

グリップがショートなので、大型がヒットするとロッドが手の中で踊る感じもありますが、バット側のパワーはそこそこあるようです



続いてリールを交換してチェックします



イエローピクシーで巻いてみます

ガイドがスピニングのままなのでラインの抜けが良すぎて少々バックラッシュ気味ですが、1.7gあたりからは十分な飛距離が出ました

ガイドを直せばさらに使いやすくなるでしょう



ロッドにトリガーがないのでパーミングし辛いのはやむを得ないところですが、ロープロリールならばなんとかなりそうです

ベイトでもスプーンの巻きでキャッチ成功したので、このままガイド交換作業に移るとしましょう
(リールシートは後回しにします)


余談ですが…



エステルラインで高切れ発生です

断面を確認したらまるで枝毛のような感じ

延べ10時間使ったからこんなものなのかな…



リールの方もベイトからスピニングに入れ替えると明らかにリールが重い!巻き始めが重い!巻きも重い!

まあ最高級スピニングリールではないのもあるでしょうが、ベイトリールで普段使いのものは平均160グラム台だからそれよりも重いものがぶら下がっている違和感と言いますか…

巻きの軽さは全く比較になりません、かりにベイトリールで巻きが重いとすればオイル切れかキャスコンの絞めすぎ、または深刻なトラブルがあるときでしょう

なんだろなぁ~ベイト慣れし過ぎたか…

もっともクランクにしろスプーンにしろ巻き抵抗のあるルアーもするする巻けてしまうので、なれるまではルアーの動きがわからないこともありますが・・・
[ 2017/02/17 17:00 ] タックル考察 | TB(-) | CM(4)

アンバサダーカスタムのテスト

さて先日届いたオリジナルマグブレーキを搭載したのはアンバサダー1500cでしたが、同じものがもう1セットいただいたので久しぶりに登場の1601IARにも取り付けました



但し、このリールの場合は、真冬は相当冷たいのでテストする日を選んで投入します


スプール周りは既にアベイルカスタムなので、ルアーウェートは問わずなのでマグにすることで更なる快適度アップを狙います

左ハンドルなら何でも出来るが、右ハンドルはちょっと苦手なのは相変わらずです


まずはクランクを投げてブレーキチェックを始めましょう

amb-IMG_2419.jpg

クラーピー、パニクラ辺りをマグ6個だと明らかに効きすぎですが、初回のキャストとしてはマグブレーキ特有の効いてる感がなんともうれしいものです

数回同様にキャストをしつつキャスコンなどもいじったりして飛距離の伸び具合を確認しておいて開きます

amb-IMG_2420.jpg

マグ6個から一枚ずつ抜いていって4枚でとりあえずOKを出しましたが、ブレーキはまだ強めです

amb-IMG_2421.jpg

試しにツブアンなぞも投げてみましたが、バックラ無しで飛びましたがこんな距離ではダメ、まだブレーキが強いようです

スプーンも投げてみましたが、もう一枚マグネットを減らしたほうが飛距離が出やすく扱いやすそうですね

シャーっと飛んでピタッと止まる・・・そんなリールになりました





続けて1601IARです


こちらは左ハンドルなのでミノーを試してみました

amb-IMG_2422.jpg

ブルー15cとの違いはマグプレートの形状でして、コチラの方はほぼふさがっているのでブレーキがより強く働きました

なのでどんどんマグネットを外していって3枚です

続けてスプーン・bean2g

amb-IMG_2423.jpg

まずまずの安定飛行ですね

ロープロのシャロースプールとは一味違う飛び具合です



まだまだセッティングの余地が残っているので、マグプレートのサイズを含めて調整をすれば驚くような飛距離も可能になりそうです

うまく行けば東古屋でスプーンを投げるのに活躍してくれるかな~
[ 2017/02/15 17:00 ] ベイトリール AbuGarcia | TB(-) | CM(2)