バンタム・BMP15XSGのカスタム

バンタムもねぇ~バリエーションがありすぎるというのは困ったものです

王道を行くアンバサダーを見習って欲しかったというのは私だけでしょうか?

いやいや開発力があったからバリエーションが増えたと前向きに考えて・・・(笑)




それではスプールの両端用のベアリングを手配したので交換しましょう

と、その前にノーマルの回転具合をチェックしますが、いや~回らない(ToT)

ブロンズブッシュの場合は、十分にオイルを染み込ませて置かないとイマイチですね

ならばとサクッと両端のブッシュをベアリングに入れ換えます



キャスコン内に10×3、パーミングカップ内に10×5です



さすがにベアリング効果は出てますね

初速の段階から良い感じ~

これなら管釣りレベルもルアーによっては…(^^)





ではスプールの互換確認の為にフレームのチェックをしてみましょう、これが出来ればマグ10のフレームがプラス15でも使えればスプールも使える?


結果は…残念です、ほぼ同じかと見えましたがやはり位置が違いました



それとレベルワインダー用のウォームギアのサイズがかなり違うので一筋縄ではいかないようです



右側BM10にはフレームのシルバーの部分にもベアリングを入れて合計3個でスプールを受けてます


さて、このリールをシャロースプール対応にするためには・・・・・・

フレームの内径を拡大させるために05ミリ相当を切削するか、スプールのリムを舐めて(これをやってしまうとマグ10では使えない)やるか・・・

いやいやココはアレをあーしてこーすれば…(^^)

:
:
:
:
:


ジャーンとでたのはレーシングレッドのスプールを搭載したBMPです



スプールそのものはZPIのRC-002、スプールシャフトとマグローターはBM10からの移植です



重量そのものはU10gとは行きませんが、少なくともV型スプールよりはマシです



少しアタリを調整すれば実用レベルになるでしょう



現在はBMP15に入れましたが作業自体は同じなのでバンタムマグの方でメインシャフトのBB化を検証してみましょう



例の黒い樹脂部分のサイズが12.5×8×7なのでセットでさっくりと交換



例のベアリングと専用ワッシャー、ドラグのストロークを合わせるためのスプリングワッシャーを使って調整します



これでだいぶ巻き心地も改善になりますね

基本的に同じ黒い樹脂パーツ搭載のバンタムもアンバサダー同様にBB化できるということがわかりました



ちなみにBM10XSGにはスプール両端とキャスコンの中にベアリングが3枚、それと今回のベアリングを入れたので4BBとなりました

ハンドルノブにベアリング入りを付ければ一気に8BB化もできるんですが…(^^)



ここまでのコスト

リール本体  2500- BMP15XSG
シャフトBB   950-
1050BB 320-
1030BB 320-
スプール 手持ち ZPI RC002
----------------------------
合計 4090-

バンタムマグプラスに関しては、スタードラグを何とかしましょう

キャスコン、ハンドル、スタードラグとあまりにも隙間のないところに押し込まれ過ぎて操作性がいまいち

三本爪も肝心な時にハンドルプレートの裏に入ってしまって最悪~

とりあえずアンバサダー用にはしていますが、今度は爪が長くてキャスコンノブが動かしつらいし・・・

[ 2017/03/24 17:00 ] ベイトリール Shimano | TB(-) | CM(0)

ラインバスケット

去年のウェーディングのフライをやる際に導入、購入先はネットだったので届くまではイマイチサイズ感とフィット感がわかりませんでした

とりあえず使って見たのもの、主たる目的であるラインを受けるという事は問題ないのですが…少し小さく感じました



が、大きくなると今度はランディングするときやリトリーブでも手が当たるような気もします



バスマットを適当なサイズにカットして水面に浮かべる方法も一つかと思いますが、腰近くまで入水すれば有りですが、膝位だとさらに大きくないと使いづらそうだし、流れのあるところはNG



キッチン用の水洗タライという手もありますが、穴を開けるのは当然として腰縄やらも必要、何より配色がねぇ~





シュートのタイミングで絡むラインにはイライラしますので、ある意味では手放せない装備の一つです
[ 2017/03/23 17:00 ] タックル考察 | TB(-) | CM(0)

フライリールの整理

シングルハンド用のリールと低番手用リールは置いておいて…

スイッチロッドとDH用のリールを整理します


スイッチ#5-1064

おそらく一番出番の多いロッドだろうと思うところで、軽めのリールを当て込みエコーの6-8を使う



ラインはアトランスイッチ5/6のフローティングとクリアーインター


スイッチ#6-1134

上記スイッチ#5と同じラインで対応できるのでもう一台同じエコーの6-8を使う

スペアスプールがあるので一本はフローティング、もう一本はシンキングという使い分けができるかな

このリールは軽くて安い(本体5k、スペア2k)、おまけにラインのキャパも十分なのが嬉しい



DH #6-1204

こちらにはカセット式リールを使う



スペアスプール3個あるので、フローティング、クリアーインター、S1S2を巻いて一本はシューティングラインのみの予備スプールにする

同じロッドがもう一本あるので、そちら用にブルーの中華製リールにフローティングラインを入れておく

同時に二本ロッドを出したときに、一本はフローティング固定で、もう一本で色んなタイプのラインが選択できるかな


DH #7-1304

余り出番はないとは思うのでフローティングを巻いたグレーのリールで使用




予備のリールとして



ランニングラインのみを巻いておいて、トラブル時にはループtoループでコネクトして対応しよう

[ 2017/03/22 17:00 ] タックル考察 | TB(-) | CM(0)

ドラグ用テフロンワッシャーの可能性

近頃のベイトリールではドラグクリッカーによる音出し機能を搭載したり、低圧ドラグでラインの滑り出しの良いリールがちらほらと出てきていますが、少し前のリールに関してはトラウトの細いラインは想定外だったのも事実

スタードラグを締めても緩めてもクリッカーが無く、極端なところではズルズル~ガチロックの間が曖昧なところがありました

個人的には最近ダイワ系をよく使うようになった(それでも旧型ピクシー)ので、ほぼ全機種ドラグサウンドの出るようにしています



しかし相変わらずユルとガチの中間が不安なのは変わりません



上の写真に乗っているのがシルバーピクシーのドラグの中身なのですが、すでに一部をアルミのプレートにに替えてみてはいたのですが、どうもまだ滑り出しに不安が…



ということでこちらを用意しました

板厚1mmのテフロンボードです

フリクションが低いので、うまくセッティングできれば適度にブレーキを掛けつつラインを引き出してくれるはず



加工は簡単で切り出して置き換えるだけ



ただし、ノーマルのドラグワッシャーにはカーボンやら集成材やらと各種あり、厚みが異なるので取り付け時に調整が必要です

それと同時に最大ドラグ力が明らかに落ちますので、その辺りを勘違いしてはいけません(今回のものはドラグ力ダウンを目指してます)


ついでなのでアンバサダーにも取り付け



さて、取り付けてドラグサウンドを聴いた感じでは音質が変わりましたね(音の部分は曲げ具合で結構変わります)

締め込んでマックス手前にしてもちゃんとラインが出て行きます

まあ普通にトラウトを狙ってもアベレージが30センチ前後であればこんなセッティングもありでしょう(^^)



余談ですが、このアンバサダー、ドラグのおかげ?なのか管釣りで60クラスを1.5lbでなんとかしとめることができました

初めからドラグが滑ることが前提となっていますが、締め込んだ感じとアブのドラグ音のパチパチが効きましたよ(^^)

ガチロックが無い感じにはなりますが、反対の意味でドラグを締め込める嬉しさを感じました(^^)
[ 2017/03/21 17:00 ] タックル考察 | TB(-) | CM(2)

オールドシマノ・BMP15XSG…その2(内部と比較)

さくっとBantamMag10と比較します

bmp15-IMG_2542.jpg

左がマグプラス、右がマグです

ここでの違いがフィリッピングスイッチとクラッチボタン、マグ(右)はアンバサダーから続く従来型のボタンタイプ、マグプラスはフレームには沿っているもののより大型で低い位置についています

bmp15-IMG_2543.jpg

デコレーション的には左右のフレームを結ぶシャフトの前方側に樹脂の飾りがついてます

こちらのアングルの方がクラッチなどの違いが分かりやすいですね

bmp15-IMG_2544.jpg

前方から見ると大きな違いが無いように見えますが・・・

bmp15-bantam10-15.jpg

スプールのサイズチェックをしてみると・・・ノギスレベルの計測ですが、重要な部分に差がありました

シャフトの太さや長さは同じとして、スプール径がプラス(左)が33.7φ(34φ)に対してマグ(右)が34.7φ(35φ)なので1mmのサイズダウンが図られています

形状としてはVスプールなのは当時の流れなのでやむを得ないとしても、頼みのアベイルスプールのバンタムマグ100用のスプールが付きません

この一行でほぼ終わったな。。。(´・ω・`)




さて気を取り直して次に進みましょう、内部監察です

bmp15-IMG_2541.jpg

内部のギア周りのショットですが、クリーニング済なので結構きれいでしょ(笑)

このリールはローラベアリングが入っていないので、ラチェットタイプの逆転防止になっています

また、例のギアシャフトの黒い樹脂が気になりますよね~こちらも確かアンバサダー15/25で使った8134のベアリングが入るはずです

bmp15-IMG_2540.jpg

が、悲しいかな。。。こちらのリールは二桁の廉価版なのでベアリング数はゼロ、シャフトの両端はブロンズブッシュです

ちなみにサイズが3x10x4と5x10x4です

bmp15-IMG_2536.jpg

こちらは駆動パーツの展開です

bmp15-IMG_2538.jpg

そしてこれらがレベルワインダーの展開です

bmp15-IMG_2535.jpg

パーミング側に取り付けられたマグブレーキユニットは、ダイヤルを回すことで3個の磁石がローター部分に近づいたり離れたり

フェライト磁石ではないのは評価しますが、当時の評判はかなりピーキーなもので急に効くとよく聞きました(スプールを今どきのシャローなものにすると印象が変わるでしょう)

bmp15-IMG_2534.jpg

最後にコスメは大事ということで(笑)

文字剥げは多少ありますが、使用機種としてはまずまずの感じですね



さて今後の展開はどうしましょうか?

とりあえずブロンズブッシュをBB化して、メインシャフトもBB入れて・・・・・
[ 2017/03/20 17:00 ] ベイトリール Shimano | TB(-) | CM(0)