トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

プロフィール

ozechi

Author:ozechi
北関東は栃木でベイトタックルを使い釣りをしています

ターゲットは、トラウト、ナマズが中心

フィールドは、渓流から湖沼、管釣り場まで幅広く

カスタムしたベイトタックル、オールドなリールを使うことに至極の愉しみを求めていきます

訪問者

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
趣味・実用
134位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
釣り・フィッシング
15位
アクセスランキングを見る>>

リンク

RSSリンクの表示

つー訳でZXカスタムができました

さてオーダーしておいたアベイル産スプールが到着です

zx1601-R0010299.jpg


avail_banner05.gif
Microcastspool ZXUM1638スプールのブラックです
zx1601-R0010302.jpg

純正もブラックですから、こちらも同色で(笑)


ノーマルとの比較です

zx1601-R0010301.jpg
ノーマルスプール(遠心ブレーキなし)で12gです

zx1601-R0010300.jpg
ZXUM1638では、9.2gとなりました

壁面のブランキングをすれば軽量化もできるのでしょうが、今後来るであろうZX-Mag用のスプールに期待しましょう



本体に入れてみましたが・・・
zx1601-R0010303.jpg
大分シャローになりましたね



PEラインの0.6号を40mほど巻きましたが、まだまだスプールのキャパは余裕です

もっと巻きたいところですが、軽量化の為に我慢です(笑)




ハンドルをLTX系カーボンに交換
スタードラグはヘッジホッグのシマノ用オフセットカーボンに
ブレーキをSX umのマグを移植
そこへアベイルスプールとなりました

うーむ、良い感じ(((^_^;)
FC2 Management

さあ9月です

いよいよ9月になりました

8月の猛暑でやられた感はありますが、これからは日増しに朝晩が涼しくなってくる時期


空の雲も秋モードです


ここらで頑張ってデカイ魚をキャッチしたいと思うところです


まずは渓流で思い残しの無いように堪能してからですがね(笑)


モラムZXのテストはいつ行けるかなぁ?


尺ヤマメ、尺イワナの居る所へ行かなくては成りませぬ(笑)


そうそうソリッドカーボンで組んでいたロッドも出来上がりました


渓流用では一番硬いロッドと感じますが、果たして使い物になるのか…

テストで庭でキャストした限りではかなり良かったのですが…




そうそう、ナマズの方もとんとご無沙汰になってしまいました

そろそろ、あの「バフッ」とくる補食音を聴きたくなりますね

日没も早くなって来てるので、チャンスを作って行ってみるかな(^-^)/


Morrum ZX1601 をマグ化する

本来であれば、モラムZX-Magのユニットを移植するのですが、最近のアブはやってくれますね、しっかりとパーツリストから除外されてました(笑)

ノーマルのマグユニットであの数のネオジムをセットできるのはかなりの魅力なんですがね~、ザンネン



ということで、AvailさんのHPを参考に、SX-UltraMagより移植することにしました
avail_banner05.gif

zx1601-R0010275.jpg
こうしてみるとほぼサイズは同じですが、ZXでは少し切削に力が入ったようですね(笑)

機関部側のプレートを比較しますと
zx1601-R0010276.jpg
概ね同じ位置にモノがあるので、機関部そのものを入れ替えもできそうです


ちなみに、ウルトラマグのスプールはZXに入ることは入りますが・・・
zx1601-R0010277.jpg
ブレーキユニットを動かすとセンターが大幅にずれてしまいます



ZXのスプールをウルトラマグに入れると
zx1601-R0010278.jpg
スプールは規程の位置に納まりません

というのは、スプールのブレーキユニット側のシャフトの出ている長さが違うからです(ZX>SX)

アベイル産のウルトラマグ用スプールをセットしてみましたが、
zx1601-R0010283.jpg
こんなに隙間が空いてしまうのは、シャフトの長さでセンターが出せないからですね


で、いよいよ本題のブレーキ交換です

右がZX(遠心)で左がSX(ウルトラマグ)です
zx1601-R0010282.jpg
ブレーキダイヤルの動きが遠心とマグでは真反対になっています

遠心は、プレートがスプールから離れるほど強くなり、マグは近づくほど強くなるんですね



ウルトラマグからブレーキユニットを外しました
zx1601-R0010285.jpg
LTZ系よりも数が少ないので、今後は様子を見ながら厚みを調整しなくてはなりませんね

で、こちらがIVCB4のユニットです
zx1601-R0010288.jpg

幸か不幸か?ユニット自体のサイズはSX,ZX共に同じというあたりは・・・
zx1601-R0010286.jpg


サクッとブレーキを交換して完了です
zx1601-R0010287.jpg

新型のZX-Magとは行きませんが、これでアベイル産スプールを入れてセッティングを出しましょう

来月はモノブロックをお休みして、ZXで挑戦だ~

渓流下見の第2部です

前回の続きです(笑)

大きく移動をして本流を目指しましたが・・・水がかなり多い(・_・;)

やりたいけど無理すると流されそうな気配が。。。


ということで支流2本チェックしましたが・・・こちらは魚の気配がナイ
全くではないのですが、ちびっ子しかいませんでした
(まあ普段から釣り人の車が多いんで、想像はしてましたがね)



ということで水位が30cm位多い本流に入ることになりました

いや~圧が違いますね、ちょっと岩盤を渡るのが怖いくらいなので、無理せずやれるところまで行きましょう


まずは、ヤマメを1本キャッチ

rivr-P1010739.jpg

対岸キャストから流芯をまたいで足元でヒットです

rivr-P1010740.jpg
ここまでは予定通り(^u^)、水が増えて動き出したんだろうな~なんてね


反転流を逆引きしたら追い掛けてきたチビイワナがヒット

rivr-P1010743.jpg
これもサイズを除けば、OKですがホントはもっと大きいのが・・・・(笑)


で、ここからは想定外でした(;一_一)

rivr-P1010744.jpg

流芯からすっ飛んできてひったくったのがニジマス~(・_・;)

あれ?この川にも居たんですね~(笑)

もう一丁でましたよ~
rivr-P1010745.jpg
ニジマス君ですが、なにか(-。-)y-゜゜゜


同じようなサイズばかりもう一本
rivr-P1010746.jpg
なんで~こんなに出るの。。。??

尻ビレのコンディションからは、おそらく最近放流されたようです

流速のある流れから出てくるとなかなか面白いターゲットですがもう少しコンディションの良いのが良いなぁ(笑)


このサイズのヤマメならば満足するところですが、ニジマス君は40オーバーでないと不完全燃焼?
rivr-P1010749.jpg

久しぶりにアルデMGを使ったけどコレも使いやすいリールですね

rivr-P1010748.jpg
キャストする度にベアリングに乗って飛ぶのがよくわかります

マグネットを全部入れたのも良かったかな(笑)

他のリールを触らなければクラッチの位置も気にならないのですが、持ち替えるとかなり気になります

ヘッジホッグスタジオからローダウンクラッチが出ているけど・・・


本体そのものは値段もこなれてきてるので、予備も考えてもいいかも

渓流下見にいきまして…

来月にも又挑戦してもらうため、そこそこ魚が居そうで歩きやすそうな沢を求めて探検してきました


ここの渓に来たのは10年ぶりか・・・?

昔のイメージとはちょっと違いました

が、地元の山渓は場所選びを間違えるとヤマビルが出るのでねぇ((+_+))


まずはレスター&TowserにアルデBFS-XGをセットして入ります

rivr-IMG_8197.jpg

久しぶりに使ったXGですが・・・・軽いですね~(笑)

笑ってしまうくらい軽い!それに尽きますね

スプールをアベイル産にして、ブレーキも専用マグにしてあるので2g~5gのルアーを交換してても不安なく振り抜けます

おまけに、レスターのハンドルであれば、ロープロもハマってしまうのでうれしいですね(^u^)


まず、入ったところはかなりフラットな流れで、どちらかといえばフライフィッシング向きですね
(そういえば、以前来た時はフライでやったなぁ)

rivr-IMG_8215.jpg

ところどころに深みがありますが、なかなか反応してくれません
というか逃げる魚もあまりみかけない


rivr-IMG_8206.jpg

ちょっとした石の前を横切らせたり、色違いの沈み石の上を通したり・・・

あまりにも浅かったので禁断のスピナー投入!

rivr-IMG_8199.jpg

大体のサイズが20センチ止まり

rivr-IMG_8209.jpg

一応本流のはずなので、もう少しサイズアップあるかと思ったのですが・・・・

rivr-IMG_8207.jpg

相当抜かれてしまっているのでしょうか?

rivr-IMG_8212.jpg

本日のMAXが25センチでした(・_・;)


rivr-IMG_8216.jpg

魚止めの滝だと思うのですが、この上は川が小さくなってしまうので断念


歩くには良いのですが、魚の反応がかなり薄かった~


今度は、別水系を当ってみましょう(笑)

カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: